84126df2.jpg

1: 2017/09/03(日)16:13:11 ID:LEA
Vol.1 審判暴行事件
1982年、横浜スタジアムで起きた、刑事事件にまで発展した問題。
阪神の選手・コーチが誤審を皮切りに暴行を働いた事件。
この時、止めに入っていたのは真弓ただ一人だけだった。

 

2: 2017/09/03(日)16:13:32 ID:LEA
Vol.2 後任監督、和田豊への謝罪
2011年、成績不振から監督を辞任。
真弓政権でコーチを勤めていた、スパイス和田豊にバトンを渡した。
ところが和田は監督就任後のインタビューで「去年はテレビでは言えない理由で優勝できなかった」と、さも真弓が悪いという含みを持たせる発言をした。
しかし当の真弓は試合の解説で「僕が選手を育てれなかった事に問題がある、申し訳ない」と責任を一身に背負った。

3: 2017/09/03(日)16:14:08 ID:LEA
Vol.3 鍋事件
2009年の春キャンプ、下柳剛がある部屋へ入ると真弓が鍋を作ってて、下柳にも分けてあげて、一緒に食べたらしい。

4: 2017/09/03(日)16:14:26 ID:LEA
Vol.4 首位打者問題
1983年、真弓は初の首位打者獲得へ歩みを止めなかった。
しかし調子を落としての打率低下を危惧した安藤統男監督から試合欠場を打診される。
しかし真弓はこれを断固拒否。
結局真弓は打率.353で首位打者を獲得した。

11: 2017/09/03(日)16:18:58 ID:KPv
>>4
これかっこええわ
しっかり出ながら首位打者取ったんやな

5: 2017/09/03(日)16:14:43 ID:LEA
Vol.5 近鉄リーグ優勝
2001年、真弓はこの時近鉄で打撃コーチを勤めていた。
この試合を獲れば近鉄が優勝するという大一番で真弓はチャンスで打席に入る北川に「お前、セカンドゴロなんて打ったら許さねぇぞ」「もうフォークかスライダーしかねぇんだから、あれを巻き込んで上に上げろ」とアドバイスを送った。
結果北川は満塁ホームランを放ち、近鉄はリーグ優勝を決めた。
この背景には阪神から移籍したばかりの頃の北川は右打ちの意識が強すぎ、巻き込んで打てばヒットになる球をあえてセカンドゴロに打つスタイルを真弓が口うるさく指導してきた賜物というわけだ。



6: 2017/09/03(日)16:15:04 ID:LEA
Vol.6 トレードと背番号変更
クラウン時代、真弓は背番号が「2」から「42」へと変更されたが、これはスポーツ新聞で知った。
阪神へのトレードはテレビのインタビューで知った。

7: 2017/09/03(日)16:15:29 ID:LEA
Vol.7 ヒッティングマーチ
真弓は晩年、代打での出番が多くなり、必然的に1試合で1打席しか応援歌を歌う場面がなかった。
そこで真弓は一度しかない打席でファンがヒッティングマーチで楽しんでほしいという意図から、真弓はコールされてから打席に入るまでの時間を遅くし、初球には手を出さないという配慮をした。
余談だが阪神のファン感謝デーにゲストで登場した時も初球に手は出さなかった。


まだまだぐう聖エピソードはあるが現役時代の背番号に肖ってVol.7で止めておく

13: 2017/09/03(日)16:28:38 ID:kOI
>>7
これであの1994年の化物染みた代打成績を残したのが凄いわ

8: 2017/09/03(日)16:16:56 ID:ojF
そして顔がいい

9: 2017/09/03(日)16:17:35 ID:G3h
真弓が北川にホームランを打たせたといっても過言ではないと思う

10: 2017/09/03(日)16:18:38 ID:2aU
( ・`ω・´)

12: 2017/09/03(日)16:20:33 ID:kn1
再放送やないか

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1504422791/