1:   2016/03/14(月)12:17:03 ID:AZU
清原和博容疑者17日にも保釈、入院治療の可能性も
 覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴され、同法違反(使用)容疑で警視庁に再逮捕された清原和博容疑者(48)の勾留期限が15日に迫った。
15日までに同法違反(使用)罪で起訴されれば、保釈申請が可能になる。
裁判所の判断次第だが、薬物事件に詳しい小森栄弁護士は「遅くても18日には保釈の可否が決まる」
とみている。
同法違反容疑で近年逮捕された著名人は保釈後、医療施設に入院しており、清原容疑者も依存症治療などの目的で入院する可能性がある。

 小森弁護士によると、保釈手続きは、起訴翌日に弁護士が申請を行い、裁判所が検察官の意見を聞いた上で、申請から中1~2日で保釈の可否を決めるのが一般的。
申請当日の決定も不可能ではないが、手続き時間を考えると難しいという。「親が危篤など、特別な理由で申請翌日に保釈決定が出たことはあるが、当日は経験がない。最近は中1日が多い」という。
小森弁護士は、清原容疑者が勾留期限の15日に起訴されれば、保釈申請は16日、早ければ17日、遅くとも18日には保釈の可否が決まるとみている。

 09年8月に逮捕された酒井法子、14年5月に逮捕されたASKAはいずれも、初公判前に保釈され、その後、病院に入院している。小森弁護士は
「薬物依存症ではあれば、治療が必要になる。有名人は特にマスコミなどの取材をシャットアウトすることもできるので、清原容疑者も入院する可能性は高い」とみている。
 清原容疑者の初公判は、5月17日に東京地裁で開かれることが決まっている。

 

2:   2016/03/14(月)12:17:40 ID:7qM
中毒者だろ、普通に治療入院するやろ・・・

3:   2016/03/14(月)12:25:11 ID:N4F
身元引受もいないしな

5:   2016/03/14(月)12:26:53 ID:YQD
頭下げると思う?

6:   2016/03/14(月)12:26:57 ID:Jm5
笠原一派と合流してほしい

9:   2016/03/14(月)12:34:00 ID:vTD
家無いよね
どこに住むのかな

11:   2016/03/14(月)12:46:59 ID:7qM
伝手を当たるのが普通なんだろうがねぇ
こういうケースだと迎え入れてくれる人がいるかどうか。

引用元: ・清原和博容疑者17日にも保釈、入院治療の可能性も


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット