キャプチャ

1: 2017/11/21(火)00:17:50 ID:bLW
直球とわかってても打ち損じる

2: 2017/11/21(火)00:32:21 ID:4BQ
石直球を継ぎし者やぞ

3250dbf4.jpg

3: 2017/11/21(火)00:33:58 ID:3TJ
普通は
石崎→岩崎で進化するはずなんやが

4: 2017/11/21(火)00:35:43 ID:tfg
>>3
岩崎の奪三振率は11台やで
ちなみに石崎は9台

5: 2017/11/21(火)00:36:03 ID:2bO
>>3
岩崎もあれでエグい球投げるんだよなあ

6: 2017/11/21(火)00:39:30 ID:tfg
>>5
惜しむらくは打者一巡しかもたない点やな

7: 2017/11/21(火)12:16:04 ID:RUU
石崎、勝利の方程式へ“侍ツーシーム”習得や 完全マスターで「レベルアップ」

 阪神・石崎剛投手(27)が20日、今オフの課題の一つに“侍ツーシーム”の完全マスターを挙げた。「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」では2試合に中継ぎで登板し、いずれも無失点。日の丸のセットアッパーを担った経験を生かして、来季は虎でも勝利の方程式入りを目指す。

 歓喜の瞬間から一夜明け、石崎の心は18年シーズンに向けられた。「いい球を投げたいですし、もっとレベルアップしていきたいですね」。大舞台で投じたツーシームに手応えを感じている。オフ期間で磨き、投球の幅を広げていく考えだ。

 桑原、マテオら勝ちパターンを担う中継ぎ陣は仲間であり、ライバル。新球、さらに課題のフォークを習得できれば配球の引き出しは増える。進化を遂げることは間違いない。
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/11/21/0010750687.shtml

ええやん

8: 2017/11/21(火)12:16:46 ID:Qvw
横山はなにやってんねん

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1511191070/