DP2CPEKUEAEMzlF

1: 2017/12/02(土) 08:59:45.67 ID:R1vjilP/0
広島 .267(15-4) 0 1 .313 .267 .580
横浜 .067(15-1) 0 1 .125 .067 .192
読売 .188(16-3) 0 1 .188 .188 .376
中日 .286(*7-2) 0 0 .375 .286 .661
交流 .333(*6-2) 0 1 .333 .333 .666

7: 2017/12/02(土) 09:02:32.10 ID:AF6Dzrr5d
ワイはまだまだ期待してるでー

8: 2017/12/02(土) 09:02:36.95 ID:R1vjilP/0
シーズンキャリアハイが2本

10: 2017/12/02(土) 09:03:59.39 ID:FPE+Z3ei0
あれ もっと打ってなかったっけ

12: 2017/12/02(土) 09:04:39.81 ID:R1vjilP/0
なお守備についた試合は63試合中5試合

14: 2017/12/02(土) 09:05:18.45 ID:nZfiny0Z0
年俸アップってマジ!?

15: 2017/12/02(土) 09:06:01.05 ID:R1vjilP/0
>>14
 プロ6年目で挑んだ今季は、主に代打の切り札としての奮闘が光った。9月10日のDeNA戦では二夜連続のサヨナラ勝利の立役者に。「今まで味わったことがないような、最高の気分でした」。プロ初のサヨナラ打に聖地は揺れ、伊藤隼自身も酔いしれた。この日も「自分にとっても、チームにとっても大きいこと」と、今季印象に残った試合の一つに挙げた。

 今季はキャリアハイとなる73試合に出場し、打率・261。代打での登場は、71試合だった。まさに一打集中、そして少ないチャンスを生かした一年だった。

 来季への目標はただ一つ、はっきりと口にした。「レギュラー獲りです。もう一度目指してやっていきたい」。守備、走塁を含めたすべての部分での猛アピール。気持ちを新たに、伊藤隼が来季へ挑む。

https://www.daily.co.jp/tigers/2017/12/01/0010780125.shtml

19: 2017/12/02(土) 09:07:13.27 ID:c0EO/G+80
>>15
代打で.261なら結構ええやん

16: 2017/12/02(土) 09:06:32.73 ID:BMrc1XeE0
.261(69-18) 2本 9打点やな

20: 2017/12/02(土) 09:09:00.35 ID:R1vjilP/0
支配下枠は有限

引用元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512172785/