1cd642e2

1: 2018/01/19(金) 09:10:30.14 ID:uwxN6BeO0
128km/h

2: 2018/01/19(金) 09:10:44.72 ID:Sk1zrl7W0
なお空振り三振

4: 2018/01/19(金) 09:11:31.22 ID:fCZexnPWp
山本昌(27)→134km
山本昌(40)→140km

 

5: 2018/01/19(金) 09:12:35.30 ID:UtgYPaZj0
キャッチャーイチローの素早い返球すき

6: 2018/01/19(金) 09:13:12.73 ID:1t2sFS8Qd
カーブの腕の振りに合わせてストレート投げてるだけで、フォーム気にしなきゃもっと早いぞ

7: 2018/01/19(金) 09:14:01.38 ID:JR10Tdpa0
そんな出ないぞ

8: 2018/01/19(金) 09:14:08.00 ID:dfFA30Qoa
中嶋(返球ほーい)
140k

9: 2018/01/19(金) 09:14:17.56 ID:FunPL3OiM
中嶋「おっと」スデデトリー

10: 2018/01/19(金) 09:15:03.39 ID:lxJQZnTBd
???「星野さんの直球が一番速かった」

11: 2018/01/19(金) 09:15:25.52 ID:GltXT5fQ0
いつだったか球速表示が狂っていて
星野が投げて140km/hオーバーが連発したときは
球場がどよめいていたなあ

星野 伸之(ほしの のぶゆき、 1966年1月31日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手(投手)。野球解説者、野球評論家、野球指導者。

タイトル獲得は多くないものの、11年連続二桁勝利を記録するなど、パ・リーグを代表する投手として活躍した。その実績と端正な顔立ち、およそ野球選手らしくない細身な体型から同リーグの西崎幸広・阿波野秀幸・渡辺久信らと共に「トレンディエース」と呼ばれ、「星の王子さま」の愛称で親しまれた(「トレンディエース」の時代背景等は西崎の項を参照)。

選手としての特徴

プロ野球選手としては非常に細身な体型で、最速130km/hそこそこの速球に70~90km/h台のスローカーブ、110km/h前後のフォークボールという、先発投手としては非常に少ない球種で勝負する異色の投手だった。球速の遅さにまつわる逸話として、1990年9月20日の対日本ハム戦(東京ドーム)で星野のすっぽ抜けたカーブを捕手の中嶋聡がミットを使わずに右手で直接捕球し、星野を超える球速で返球したことで失笑が起こった。ベンチに帰り星野は「素手で取るなよ。ミットが動いてなかったぞ」と機嫌を悪くしていたが、中嶋は「ミットが届かなかったんです」と誤魔化し事態は収まった。ちなみに中嶋は1995年のオールスターで行われたスピードガン競争で146km/hを記録するなど球界屈指の強肩捕手だった。他にも完封されたチームの打者から「今日の星野は一段と遅かった」と言われるなど球速の遅さにまつわる話題は枚挙にいとまがない。

しかし、しなやかに腕を振る投球フォームから投げる速球は伸びがあり、1989年頃からはテイクバックを小さくして投げる直前まで左手を体の横に隠すフォームにした。これにより打者からは投げる瞬間まで握りが見えず球種が読みにくく、ボールの出所も見えにくくなった。これらに加え40km/h以上のスローカーブとの緩急差により打者には速球が数字以上に速く見えたと言われる。その緩急差に、梨田昌孝は「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、初芝清は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博は「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも中村紀洋、タフィ・ローズなど複数の打者が星野のボールは速かったと証言している。また、トニー・バナザードは星野のストレートの遅さと、それにもかかわらず打てないことからかなり苛立ち、よく星野に向かって怒っていたという。

星野の特徴にいち早く気がついたのが入団時の捕手だった中沢伸二で、星野の新人時代、「球は遅いけど、なかなか打てない面白いピッチャーがいるぞ」と二軍に調整に来ていた山沖之彦に話していた。

奪三振が多く、2015年シーズン終了時点で日本プロ野球歴代21位の通算2041奪三振を記録している。また通算与四球率3.13と制球力はあまり良くなく、球速の遅い投手ではあるものの伸びのあるストレートと少ない球種で三振を奪っていた。また129完投を記録している。

キャプチャ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%E9%8E%E4%BC%B8%E4%B9%8B

引用元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516320630/


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2018年01月23日 06:32 id:7Ota6t.40
    嫁に「私でも打てる」とかいわれるエピソード好き
    2 名無しの猛虎魂さん 2018年01月23日 09:30 id:hbXN2Fr50
    星野のカーブは遅いだけではなく落差が大きい。ヤクルトの加藤博人とかと同じ類いの左打者殺しの球。
    見づらさだのタイミングだの緩急だのそんなんだけでプロで勝てるかいなと思う。
    3 名無しの猛虎魂さん 2018年01月23日 09:35 id:hbXN2Fr50
    球辞苑でも言うてたけど、ああいうカーブほる投手最近あまりいないね。俺は好きだけどなあ。
    4 名無しの猛虎魂さん 2018年01月23日 16:44 id:GzEpm5060
    まあ星野のカーブは見せ球だけどね
    真の決め球はストレートとほぼ同じ速度とフォームで投げてくるフォーク
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット