マートン.jpg
1: 2018/03/10(土) 05:39:28.07 ID:iUW1Ized0

カブスは9日(日本時間10日)、元阪神のマット・マートンが
ベースボール・オペレーション補佐に就任したと発表した。
マートンは傘下マイナー球団を巡回指導したり、ドラフトに向けて
アマチュア選手を査定したりする他、メジャーでも様々な役割を果たしていくという。

マートンは2003年ドラフト1巡目(全体32位)でジョージア工科大からレッドソックス入り。翌年にカブスにトレードされ、2005年にメジャーデビューした。2008年途中にアスレチックスへトレードされ、ロッキーズを経た後に、2010年に阪神入り。2015年までの6年間で832試合に出場し、打率.310、77本塁打、417打点の活躍をした。

 2016年にカブスとマイナー契約を結んだがメジャー昇格はなく、昨季はタイガース傘下3Aで7試合だけプレーしていた。

 メジャー通算では346試合に出場し、打率.286、29本塁打、112打点の成績だった。

 今後はフロントオフィスの一員として、カブスの世界一奪還に尽力する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00111375-fullcount-base


 

2: 2018/03/10(土) 05:40:04.63 ID:JVOKlz9s0

見習いやん


3: 2018/03/10(土) 05:40:34.19 ID:BAWneOIf0

ベースボールオペレーションって監督?


4: 2018/03/10(土) 05:41:33.09 ID:RvLiw7fy0

大慈彌功よりまともな職やろ


5: 2018/03/10(土) 05:42:01.41 ID:7eRPThRU0

野球盤のランナーを抜いたり差したりする仕事やろ


6: 2018/03/10(土) 05:42:28.78 ID:uekl7xvwH

仕事内容はマイナー選手


引用元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520627968/