20181020-00000026-sanspo-000-2-view
 フェニックス・リーグ(阪神1-0西武、19日、南郷)阪神2軍は19日、「みやざきフェニックス・リーグ」の西武戦(南郷)に1-0で勝利。江越大賀外野手(25)が唯一の適時打を放ち、チームの2連敗をストップ。前日に就任会見した矢野燿大新監督(49)へ、“矢野チルドレン”が南国からアピールだ。

 温かい日が差し込む宮崎の地で、“矢野チルドレン”が決意のアピール打だ。「3番・右翼」で出場した江越が、三回に決勝の適時打を放った。

 「追い込まれましたが、何とかいいかたちで打てました」

 散発2安打に封じ込まれた中、わずかなチャンスをしっかりとものにした。三回、2四球に相手失策が絡んで一死満塁の好機で打席へ。カウント1-2と追い込まれながらも、平良の速球を中前へはじき返した。一回の第1打席では高め直球に空振り三振に倒れていたが、2打席目で修正力を発揮。「タイミングを早くして、1打席目で差されていたので右方向を意識した」と手応えをにじませた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000026-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・来季こそ1軍に定着してほしいです。とにかく三振を減らすことでしょう。

・個人的に江越には期待しているのですが…。

・オフシーズンは明るいニュース多いのよね阪神は

・二軍なら打てるのはもうわかってる。一軍だと何でバットに当たらんのか、そこを指導者は解決してくれ。そうすりゃセンター任せれるのに。

・今年のファーム成績見たけど三振数がとんでもないな。

・昨年のこの時期もこんな話題あったような? でもそれだけ期待されてるし、ポテンシャルは高いから覚醒してくれ 期待してます。

・俺の夢は江越が秋山幸二のようなスターになる事や。
それくらいのポテンシャルはある。ただそれを引き出すためにどうするかだなぁ