20181101-00000038-dal-000-2-view
 社会人野球日本選手権(京セラドーム大阪)の開幕を翌日に控えた31日、有力チームの監督や選手が大阪市内で記者会見に臨んだ。阪神のドラフト1位・近本光司外野手(23)=大阪ガス=も出席し、同席した同4位・斎藤友貴哉投手(23)=ホンダ=を打ち砕き、優勝を勝ち取ることを誓った。同じく阪神からドラフト3位指名を受けた木浪聖也内野手(24)=ホンダ=も出席した。

 “宣戦布告”を受けた。対戦したい相手は誰かとの質問が飛んだ際、斎藤から「近本選手です。阪神で同じチームになるので、しっかり自分が打ち取って勝ちたいです」と名前を挙げられた。その瞬間、「まさか自分の名前が挙がるとは」と苦笑い。互いに勝ち進めば準決勝でマッチアップする。

 「やっぱりストレートが強いピッチャー。そのストレートに振り負けないようにしたい。自分が負けないという気持ちを持って、かつ冷静に打席へ入りたい」と力を込めた近本。これまで対戦機会はなかったが、オープン戦などでお互いのプレーは目にしている。

 剛速球に狙いを定める。「彼の武器でもある真っすぐで勝負してくると思う」とニヤリ。さらに、「打つだけじゃないので、ランナーに出たら盗塁できるよう頑張りたい」と自慢の足でかき回す考えだ。

 一方の斎藤は「スイングが力強い。どんな球でもしっかり振ってくる。甘い球厳禁というか、甘い球だったら簡単にいかれる」と近本攻略の糸口を探る。走力はもちろんのこと、甘い球を長打にするパンチ力に警戒を強めた。

 来季矢野阪神の即戦力同士。対戦が実現すれば、栄光のダイヤモンド旗を手にするため火花を散らす。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000038-dal-base

 




【この記事への反応】

・じわじわと…今年のドラフト、もしや成功だったのでは、と思うようになってきた。
チャンスはある。タイガースは固定された戦力ではないので是非旋風を巻き起こしてほしいです。

・木浪、斎藤は活躍しそう。最近の阪神のドラフトは糸原、岩崎など下位に即戦力が集まる傾向がある。

・赤星憲広さんのような切り込み隊長になって欲しい!

・阪神のドラフトは40点や云々言われてるけど、こうやってみたら、力のある即戦力選手を獲得している。ドラフト指名された選手として、注目されてプレッシャーもあると思うが、お世話になったチームのためにも悔いのないプレーを期待してます。

・YouTubeで今年のドラフト指名された選手達を見てたらかなり面白い…近本の足と守備範囲は甲子園に合ってそう。。楽しみです

・この三人は、来季即上でがんばっているところを見たいです

・試合をテレビで放送して欲しいな。
地上波は流石に無理だろうけどBSやCSで。
プロじゃ無いから、出来たらネットでもいい。