20181104-00379776-nksports-000-5-view
あれから1年が過ぎた。喜び、挫折、屈辱。さまざまな感情を抱き、多くの経験を得てきた。体つきも、一回り大きくなった。17年ドラフト1位で指名された阪神馬場皐輔投手(23)だ。

甲子園のマウンドに立つ姿は全く想像できなかったが、大きな刺激された夜があった。5月1日の甲子園。DeNA相手に秋山がマウンドに上がっていた。馬場は新人研修で観客席にペンとノートを持って座っていた。1軍にいれば座ることのなかった席だ。

「本当は、あそこに居てはダメなんですけど…。いずれ上がって投げることがイメージできた。秋山さんと自分と照らし合わせて見ました。140キロ前半でも空振りの取れるストレート。打者が速く感じる直球。ガンが全てじゃないんです。スピードで勝負しているわけではないので。150キロが出なくても空振りの取れるストレート。秋山さんには、それがあって、僕にはなかった。コース、キレ、全部を追い求めないと、と思いました」

その日、秋山は9回107球1失点と完投。磨いた直球を武器に9三振を奪った。完璧な内容だった。

「キャンプのブルペンで隣にいた人が、甲子園のマウンドで投げていた。それも見る立場になって。自分も目指すところができた」。そこからの決断は早かった。「(春は)フォームで苦しんだ部分があったので。通用しないなら変えるしかない。細かく言えば1ミリずつ動きを確認しました」と福原コーチの助言もあり、投球フォームを一から見直した。

「自分は変化球投手ですけど、ストレートがあっての変化球だと改めて思った。プロに入るまで、真っすぐに対するこだわりが薄かった。濃く、深く考えるようになりました」

重心を低く、ボールを前で離すことを心掛けた。軸足でバランスを取り「上半身と下半身の連動性を意識するため」と、左足をグラブに当たるまで高く上げるフォームに変えた。「体重移動が今までよりできている。腕だけで投げている感覚がなくなった。フォームを変えていくうちにわかってきた」

そう語ったが、プロの壁は厚かった。8月12日DeNA戦(横浜)。プロ2戦目の先発マウンドで、計り知れない悔しさを味わった。2回3分の2を7安打4失点でKO。試合後、金本前監督からは「今の状態なら厳しい。何か光るものがあればいいけど、見えなかった」とまで言われた。

「1軍で結果を残せる選手にならないといけない。何を言われても、自分は固い意志を持たないと。まずは2軍を抑えないと1軍は見えてこないので。今年は、その段階までいけずに終わってしまった。いいところ、悪いところを全部受け止めて進んでいくしかない。1軍で貯金が作れるピッチャー。それだけを考えてやってます」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00379776-nksports-base

 




【この記事への反応】

・馬場投手は あの強いSBと競合した選手 ドラ1やし素材は良いと思う。少し出遅れてるけど まだまだ わからない。頑張れ 馬場選手

・自分が何を成すべきかわかったのなら、1軍落ちも遠回りでもない。
素材は良いと思うので、頑張って欲しい。

・いつか夢を掴む為にも。
馬場はこれからの課題に向かっていきたい。

・馬場の一位指名は(外れはずれだとしても)将来への期待込み
コーチはその目で見ているはず
がんばれという言葉が適当かどうかは分からないけれど、ファンは待っているとは熱く伝えたい

・馬場も今年が勝負やな。即戦力の予定でエースナンバーやったはずやし。

・見て感じて何をやればいいのか分かったはずやしこれから前を見据えてやればいい

・来季は頼むよ

・もう1年かぁーー 早いなぁーー
即戦力と思ったけど 来季からでも遅くない !!
竹安 馬場 斎藤 小野と本気で勝負やで ^^
才木も望月も濱地もおる ~ 楽しみな投手陣や ~