20181104-00000340-sph-000-2-view
 阪神・矢野燿大監督(49)が4日、来季の4番候補を6人も挙げた。今季は新助っ人のロサリオを開幕から4番に固定したが大誤算。最下位に直結した。新指揮官は高知・安芸キャンプで「チームとしての信頼とか姿勢とか、いろんなことが問われてくる打順だから」と理想の4番像を語り、大争奪戦の末に決定していく。

 その候補は6人にも上った。福留、糸井の両ベテラン。新外国人候補として最有力のメジャー通算30本塁打のジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルスからFA)。今季は不振だった3人の若手、大山、中谷、高山まで競争に加える方針を示した。

 その中で、もっとも熱い視線を注ぐのは来季が3年目の大山だ。「(誰も)いないという中の4番じゃなく(福留)孝介も新外国人も(糸井)嘉男も。もしかしたら他の打者、(中谷)将大とか(高山)俊もそう。みんなが争った中で悠輔がボンってそこに座るのが俺の理想。結果的に来年、悠輔が4番になってくれたらうれしい」。新人の昨季、4番を経験。今季11本塁打の若き大砲が4番に定着すれば、チーム再建が進む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000340-sph-base

 




【この記事への反応】

・高山大山中谷で3番4番5番にしっかり定着してくれたら勝率はグッと上がる。
走力は申し分ない戦力が整ってきてるし、あとはとにかく打ってくれる打者が必要

・ 阪神の四番は数字もそうだけど、ここぞの勝負強さが発揮されないと、ファンは認めてくれないからなぁ。ほんと、でてきて欲しいよ!

・数字や技術で競い合うのはいいことだと思うけど、4番に向いている性格かどうかを見極めるのも首脳陣の大きな仕事の一つだと思う。
なんでもかんでもたくさん打つから4番では、いざ4番に据えたときに実力の半分も出せないタイプとかいるから。

・チャンスに強い人が4番務めてくれればいいです(´∀`*)
たしかにホームランも魅力的ではありますが、、

・大山にこれから求められるのは、ホームランはもちろん、福留みたいにここぞの場面で打てる勝負強さが必要。

・陽川も争いに入って良い様な気がする
大山中谷陽川には来季是非20発はクリアして欲しい!

・本塁打も良いけど、あくまで点を取る手段の一つに過ぎない。
求めるのは勝負強い打撃。
打点を稼げる打者になって欲しい。

・高山も候補に入ってるんですね!
必ずしも長距離砲を4番に置かなくてもいいですが、100打点くらいは挙げられる勝負強さが欲しいですね