20181107-00000023-dal-000-3-view
 頼もしい若手右腕の登場だ。シート打撃に登板した守屋功輝投手(24)と、尾仲祐哉投手(23)が好投を見せ、矢野監督をうならせた。

 まずは守屋だ。2人目の打者、原口を迎えると、4球目の144キロ直球で空振り三振。続く江越と糸原を凡打に打ち取り、高山も空振り三振に仕留めた。「左バッターにインコースで追い込んで、外角で三振を取れたというのは、攻め方として使えると思いました」と手応えを口にした。

 圧巻は6人目の大山を迎えた場面だ。カウント3-1からインハイの真っすぐでファウルを打たせると、フルカウントからの6球目。146キロの直球でバットを折らせ、三ゴロに料理した。打者7人を無安打3三振に抑える完璧投球に、矢野監督は「首を振って自分で考えて、カウントが難しいところでインサイドに、味方相手に行けたというのはすごいなというか。一番光っていたじゃん」と際立つ存在感に舌を巻いた。

 尾仲も打者8人に2安打3三振。ベテランがブルペンを支えた今季だが、若手投手の台頭はチームに好影響をもたらす。「活性化はするし」と指揮官。鉄壁ブルペンの再建へ、新たなピースが加わりそうな予感だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000023-dal-base

 




【この記事への反応】

・「来年の話をすると鬼が笑う」という諺がありますが、こういう記事を読むと鬼に笑われてもいいので来年が楽しみになりますね!

・これはいいニュース!
中継ぎは球児、桑原とベテランが多い。
今年は望月が頑張ったが、先発に回るだろうし、頑張ってほしい。
個人的には去年侍ジャパンに選ばれた石崎の復活が見たい!

・守屋も尾仲も若いんだよなぁ。
いい素材はいる。矢野なら生かしてくれると信じてますよ。

・今の阪神中継ぎ陣は高齢化が著しい
20代の選手が出てきてくれるのは頼もしい
ベテランと若手が融合してくれれば心強い

・守屋も尾中も良いピッチャーには変わりない
矢野監督の下で精神論より頭脳で大きく変わってほしいね。

・尾仲がタイガースに来た時に、いいピッチャー取ったなあって思ったよ。
若いし、ボールに力がある。