20181108-00000503-sanspo-000-2-view
 阪神安芸秋季キャンプ(7日、安芸)初めて実戦的な盗塁&盗塁阻止練習が行われ、原口が8回中6回、走者を刺してアピールした。「いいボールがいっていた。まだタイムを縮められるところがあるのでチェックしていきたい」。鮮やかなスローイングで植田や江越ら快足選手を阻止。

 矢野監督は「フミ(原口)、ようなってたな。俺も思った」と評価し「アドバンテージはリュウ(梅野)にあるんだけど、俺も原口を使う気あるし、それも競争やしね」。今季は代打で活躍した原口を捕手陣の競争に入れる考えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000503-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・原口は地道にコツコツとやってきた成果だな
ボールも強くなってたしなこれを継続してやればいい
キャッチングが良ければフットワークを使いやすくなるのは甲斐キャノンが示してくれた

・代打の切り札としても魅力だけど、バッティング良いからスタメンで見てみたいよね。守備面で課題もあるだろうけど、梅野とレベルの高い正捕手争い期待してますよ。

・この時期にレギュラー確約のコメントを出さず矢野監督は選手のやる気を引き出していらっしゃるんでしょう。
切磋琢磨して、球界を盛り上げて下さい!

・梅野はキャッチングや肩は捨てがたい。バッティングもよくなったし。 でも個人的に原口は代打だけはもったいない気がする。まだまだ若いし

・原口の課題は怪我に強い身体作り。

・怪我する前は強肩やったんよな?
頑張ってもらいたいわ。

・キャンプ中継でも男前が思ったより全然球行ってるって評してたし、キャッチャー原口として来年は必要になるでしょう

・こういう話題がストーブリーグだけにならないよう願ってます(^_^;)