20181114-00000023-dal-000-3-view
 阪神・大山悠輔内野手(23)が13日、午後から行われた紅白戦に紅組の「4番・三塁」で先発出場。視察に訪れた藤原次期オーナーも見守る中、2安打1打点2盗塁と躍動し、「走れる4番」としての可能性を示した。来季の飛躍が期待される4番候補が、走攻守全ての能力を高めていく。

 いきなり貫禄を示した。初回、1死一、三塁で迎えた第1打席。浜地の134キロ変化球を捉え、中前適時打で先制点を挙げた。すると次打者・原口への8球目だ。好スタートを切って二盗成功。今季ゴールデングラブ賞を獲得した梅野の強肩をくぐり抜けた。

 三回1死一塁では、133キロ変化球をうまく右前へ。和製大砲候補の活躍にスタンドが沸きかえる。「感覚的なところですけど、実戦の中でいいスイングができてきている。この感覚を続けていけるようにしたい」と手応えを口にした大山。藤原次期オーナーも視察する中で、4番の役割を果たした。

 四回は1死から三塁・藤谷の失策で出塁。原口への3球目に二塁へ駆けだし、今度は坂本から二盗成功だ。試合は最初から最後までノーサイン。自らの判断でスタートを切った。昨季は2盗塁、今季は5盗塁だったが走力は決して低くない。「打つ守るだけじゃないので、全部頑張ります」と技術を高め、走塁面での貢献も誓った。

 矢野監督は大山の意識の部分を評価した。「自分で何かを感じ取ってしか行けない状況を作っているので、あそこでスタートを切ったというのは、すごく価値があったと思うね」。指示を待つのではなく、タイミングを自ら探り実行した。そんな主体性を選手には求めたい。

 現状、大山には植田や島田ほど盗塁のイメージはない。だが相手が警戒し「もしかしたら大山でも…と思ったら、投手はストライクが入らないかもしれないし、捕手も慌てるかもしれない」。結果的に走らなくても、相手にプレッシャーを与えることができると指揮官は考えている。

 浜中打撃コーチは「詰まってもいい角度で運ぶことができている。甲子園で右中間に放り込むのは難しいと思うけど、狭い球場での(右方向への)ホームランっていうところを増やしていければ、20本、30本も見えてくる」と打撃そのものも高く評価した。「練習でできても試合でできないと意味がないので、試合でできるように頑張ります」と大山。走攻守でハイレベルを目指していく

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000023-dal-base

 




【この記事への反応】

・糸井と新外国人を前後にして大山を来季辛抱して4番で使ってほしい。
糸井はちょくちょく怪我はあるものの、数字は残すはず。
となればやはり肝は五番を打つ新外国人。
前後の打者が打ってくれればマークも分散するし、大山を辛抱して使っていきやすくなると思います。
今季9月のバッティングは何か掴んだのかな?と思わせる内容だったと思わせる内容と結果だったので、何とか来年大きく飛躍してほしいです。

・走る姿勢は投手や捕手にも影響は出る。
たとえ1%でも相手の判断ミスに繋げる嫌らしい野球をすれば良い。
投打力だけが野球の魅力や勝ち筋ではない事を秋キャンプで浸透して欲しい。

・大山は意外と足も速い。無論植田や島田ほどではないにしろ、梅野と同じくらいには走れる。
もし大山が鈴木誠也ばりに走れる長距離ヒッターにでもなってくれれば、確かに相手投手にとっても大きな脅威になるだろうな。もっとも、とりあえずまずは率を上げるとこからだとは思うけど。

・ 9月の数字は8月まで何やったの?と思わせる成績を叩き出した。
まだ若手やし可能性を感じれた。
来季こそ頑張って金本さんに恩を返してもらいたい。

・大山選手の飛躍が来年以降のタイガースの行方を左右すると思うので、期待して見守っていきたいですね!

・今年の盗塁、走塁見てても2桁走れる走力あるよね。梅野も意外に走れる。
近本、島田辺りがレギュラーとれば盗塁数でカープに勝てるかも。。

・いいねー、ユニフォーム真っ黒にして頑張ってるね
来年が楽しみやでー

・大山はもっともっと伸びる選手だと思う。





引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542114563/