20181115-00000019-dal-000-3-view
 阪神から育成ドラフト1位指名された片山雄哉捕手(24)=BC・福井=が14日、福井市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸300万円で仮契約した(金額は推定)。目標はでっかく「育成の星」になること。ソフトバンク・千賀や甲斐、阪神では支配下から育成契約となりながらも今季“代打の切り札”に成長した原口らがたどった道を目指す。

 時折見せる笑顔が、喜びを物語った。背番号3桁からはい上がるタテジマロードへ。憧れ続けたプロの世界を前に、片山が明るく元気な声で目標宣言だ。「1日でも早く支配下登録されることが目標ではありますが、自分自身が育成の星と言ってもらえるように」。育成契約も関係ない。気持ちはもう、前へと向いていた。

 育成から支配下へ、そしてその先に続く一流選手への道。阪神では原口が支配下から育成契約となり、再びはい上がって今季は代打安打の球団記録「23」に並んだ。日本一に輝いたソフトバンクでは千賀のほか、甲斐も「甲斐キャノン」で日本シリーズMVPへと登り詰めた。彼らに続けと、片山も決意をにじませる。

 「はやりではないですけど、そういった育成出身の選手が多く出てきている。自分もその一人として上がっていければと思います」

 アピールポイントとして挙げたのは2つ。まずは打撃だ。今季はBCリーグで64試合に出場し、打率・330。14本塁打と長打力でも魅せた。強肩も持ち味の一つだが、「肩だけではなく、打撃と足でもアピールしたい」と意気込む。

 そして誰にも負けないというのが元気いっぱいの声だ。「表しようのない声でいきます、楽しみにしていてください」とニヤリ。野球以外の魅力も、存分に発揮していく。

 仮契約となったこの日も、ジムから仮契約会場に直行するほどのタフさ、ハングリー精神を併せ持つ。一刻も早く背番号2桁を勝ち取り、夢をつなげられる選手へ。片山は、育成の星になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000019-dal-base

 




【この記事への反応】

・打撃が一軍でどれだけ通用するかだな。
梅野や原口と世代が近いしハードルは高いけど、苦労人でプロになる為だけに頑張って来たから、
結果を出して欲しい。

・打撃は良いという、掘り出しものになってくれたら良いなぁ。

・キャッチャーで24歳の育成、現状は厳しいが頑張れ。

・いい選手なんだろうけど、あと3歳若かったらなあ。20代半ばに捕手が集まりすぎ。

・声かぁ。そら楽しみやな。

・正直、育成は可哀想、準備出来なそう。
もう少しどうにかならないの?
未来ある若者よ!
頑張って欲しいの!