20181115-00000034-tospoweb-000-1-view
 チーム再建に燃える阪神・矢野燿大監督(49)が14日、オリックスからFA宣言した西勇輝投手(28)の獲得に向け「それで前に進むという感じがあれば喜んで行かせてもらう」と直接出馬する考えを示した。プロ10年で5度の2桁勝利を挙げた右腕には「(加入すれば)いろんな面で大きいと思っている。数字の面でも、中堅というチームの年齢のバランスのところでも。配球を考えたり、クイックやけん制と幅を持っている投手。みんなにも参考になる」と熱い思いを寄せる。

 ライバルとなるのは豊富な資金力を誇るソフトバンク。ただ、人の心を動かすのはカネだけではない。指揮官は“口説き文句”にも思いをめぐらせており「俺はこう思っているんだ!ということを伝えられたらいい。長嶋さんや星野さんなら通用するけど俺じゃ通用しない。お前が何言うてんねんという話になる。こういうチームをつくりたい!と真っ向勝負で伝える方が俺らしい」と力説する。

 確かに御大2人に比べると地味な感は否めないが、球団内では矢野監督の“言葉力”に対する期待は大きい。現役時代にはお立ち台での「必死のパッチでやってます!」などの発言でファンのハートをつかんだりと、もともと語彙力は豊富。さらに18日間に及んだ秋季キャンプで「30冊ぐらい本を持ってきた。本は本当に勉強になる」という指揮官の“スーパー読書家”ぶりにも注目が集まっている。球団関係者は「監督は歴史の本や、今ブーム化しているアドラーの心理学の本もよく読んでいて選手にも勧めているぐらい。人をやる気にさせる言葉はいくらでもあると思う」と話す。

 谷本球団副社長は翌日に控えた交渉解禁に向け「できるだけ早くコンタクトを取って本人と話がしたい。競合球団も多い。その中で真摯な姿勢で交渉したい」と訴えた。今年の阪神は最下位→金本監督解任→ドラフト惨敗と負の連鎖に陥っていたが、西獲得で歯止めとなるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000034-tospoweb-base

 




【この記事への反応】

・オリックスよりは打線は上やけどでも大差ないしな
1つアドバンテージがあるとすればやっぱり注目度は圧倒的やからな
あとは西が何処を選択するかだな

・西はプロテクトさえしっかりすれば是非とも取りにいって欲しい。
あとは外国人次第。
ナバーロ残留ならあとは野手一人投手二人くらいは取らないと。

・確かにソフトバンクは強いし、金もある。
けど、阪神には甲子園やブランドなにより世間での注目度が違う。
やはりソフトバンクと阪神では引退してからの人生が違うと思う、いや思いたい…。

・ファンとしては結果を受け入れるだけ。
西獲りもなんだけどさ、新外国人獲得にしくじらないように頼みます。
それと現有戦力の底上げよろしく

・西獲得について
矢野監督の直接出馬は頼もしい限りです。是非、お金で無いところで真摯な姿勢でローテの一角を任せる意味合いで挑んで欲しい。
マネーゲームになったら撤退する勇気も持ってほしいものです!

・矢野さんは何かと明るくて良い。

・ ソフバンは王会長ですよ。

・阪神の西への執着力は凄いな
西の立場から言えば、オリックスを相手にせずに、住まいを大きく変えずに済む阪神は、地縁から考えればいいのかもしれないが

・まぁ、出せる銭に限りはあるし、強いチームに行きたいって言われれば、ソフバンに勝てる道理は微塵もない。(笑)
それでも新監督自ら交渉の席に着くっていう意気やよしや。
やるだけやってアカンかったら、しゃーないわ。(笑)