20181116-00000182-sph-000-1-view
 阪神の熊谷敬宥内野手(23)が16日、高知・安芸キャンプで行われた実戦形式のシート打撃で「走・守」をアピールした。

 まずは好走塁で矢野監督をうならせた。無死での二塁走者で、板山の左前打の間に一気に生還した。指揮官が「(無死2塁で)ホームに帰ってくることは簡単なことじゃない」と話すように、セオリーでは、無死では無理には本塁は狙わない。それでも「超積極的」をスローガン掲げる矢野野球の申し子は、ためらうことなく三塁ベースを蹴りホームに滑り込んだ。「最後は自分の判断になるので。常に準備をしている」とノーサイン、ランナーコーチを置かない状況でも、判断力の高さをみせつけた。

 遊撃守備でも安定感を発揮。藤谷の鋭い二遊間への打球を横跳びで好捕した。「一つ一つの球際などを大切にやっていきたい。でも、まだまだなんで」と謙虚に答える。矢野監督も「まずレギュラーになろうと思ったら遊撃を守れないと。特に敬宥みたいなタイプはまず『守りは安心だよ』というところを俺らに見せてくれないと。今日は良かったと思う」と改めて成長を期待した。

 プロ2年目の来季は、北條やドラフト3位・木浪らと遊撃争いに挑むイケメン内野手。19試合の出場だった今季から飛躍するため、レベルアップしていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000182-sph-base

 




【この記事への反応】

・自分のアピールポイントを積極的に出すのはいい事。守備と足は一軍で使えるからもっと目立ってほしい。打撃は後からついてくるから焦らんでいいよ!

・植田より熊谷の方が打てるようになると思う。
熊谷の方が対応力がある。

・まだ左は今年始めたばかりだけどもう触るところがないと土井さんに絶賛されていたし何かきっかけがあれば打撃も覚醒するかも

・ショートとキャッチャーはまず守備からだしねえ
そこから打撃で光るもの見せてくれたら争いに絡んで行けるでしょう

・野球センスはあるよね。勝負強うだしベーラン上手い

・レギュラー目指して頑張れ。

・スイッチはどうなんかな〜。