20181119-00000030-dal-000-6-view
 阪神の望月惇志投手(21)、浜地真澄投手(20)、才木浩人投手(20)が18日、矢野新監督初の秋季キャンプで投手MVPに選出された。指揮官はこの3投手を来春沖縄キャンプに参加させたい意向も示した。虎の投手王国形成へ、若手の台頭は不可欠。大黒柱のメッセンジャーを追い抜くほどの成長が期待される。

 最下位からの巻き返しへ土台作りは着々と進んでいる。矢野新監督の下、スタートした秋季キャンプが全日程を終了。投手のMVPには望月、浜地、才木と、先発の一角として期待される若手三人衆が選出された。投手王国形成へ。大黒柱のメッセンジャーを追い抜く成長が求められる。

 鍛錬の日々で見せた進歩は指揮官の目にも強く焼き付いた。MVPについて野手は全員となったが、投手は3人の名前が挙げられた。矢野監督は「若い選手が出てくるのはチームにすごく刺激になる。(3人は)まあ先発かなと思ってますが、そこに食い込んできてくれることでチーム内の活性化とか競争がすごく激しくなる」と若手の台頭に期待。1軍主体の来春沖縄キャンプにも「連れて行くと思うよ」と参加させたい考えを示した。

 中継ぎから先発転向を示唆されている望月は、より一層気持ちを引き締める。「3人で競争していけよって意味なのかなというふうに捉えています。2人には負けないようにやりたい」。与えられたチャンスを逃さず、ものにする心構えだ。

 2年目の浜地もアピールに成功した。「先発としてのこだわりはありますし、まだ1軍登板はないですけど、来季こそはという気持ち。レベルアップして2月に入りたい」と気合を入れ直した。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000030-dal-base

 




【この記事への反応】

・才木も望月も、まだまだ粗削りではあるけど将来が楽しみな投手。浜地も早く一軍で見てみたい。
竹安は何してるのかな。彼にもこの争いに割って入って欲しいんだが。後左腕も欲しいし高橋、横山も頑張ってくれ。怪我ばっかりしてる場合じゃないぞ。

・頼むで〜
久々にいい高卒が3人も出てきたんやから嫌でも期待してまうわ
ここに小野、藤浪、秋山、青柳、高橋遥、竹安とローテ争いが加われば本当に投手王国も夢じゃない
メッセもいつまでやれるかわからんし、メッセが安心して次の世代に託せるような投手陣になっといてや!!

・まだ粗削りなところは否めないけれど、力のある球が決まった時は鳥肌が立つくらい。あとはこの精度をどれだけ高められるかなので、オフの間はまずは怪我をしにくい体づくり、特に下半身の強化に努めて欲しい。

・期待しちゃう。
が、期待しすぎないようにしないと。

・ メッセは安定感はあるものの全盛期と比べれば衰えが目立ち来季以降通年で大黒柱となれるか疑問。彼等3人を含めた他の投手の台頭が待たれる。

・アカン来年優勝してまう。