20181119-00000516-sanspo-000-5-view
 【球界ここだけの話】阪神が18日、1日から行っていた秋季キャンプを打ち上げた。矢野監督になって迎えた初キャンプ。昨年を越える観衆が訪れ、高知・安芸市は連日にぎわいを見せていた。

 そのキャンプ期間中、運営を支えていたのが、背番号のない阪神のユニホームを着た2人だ。杉安浩さん(21)=四国IL愛媛=と、石本裕大さん(22)=四国IL徳島=。朝から晩までてきぱきと練習を手伝っていた2人は、球団からスカウトを通して選ばれた打撃投手のアルバイト。2人ともプロ野球選手になることを目標に、独立リーグである四国アイランドリーグで汗を流しているという。

 その一人、杉安さんは鹿児島・れいめい高を卒業後、社会人の深谷組に入社。野球を続けていたが、ある時同じ鹿児島出身で川内市で自主トレを行っていた元巨人・杉内氏の自主トレを手伝った縁で、独立リーグという道を知った。

 最短のプロ入りを考えたときに「独立で挑戦した方がいい」と決意。2017年に愛媛マンダリンパイレーツに入団した。オフシーズンのこの時期は、ゆず狩りなどのアルバイトをしながらトレーニングに時間を費やす。

 「初日から、すごいなと。でも『自分もそこを目指してやっていくんだ』と気持ちが入りました。練習に取り組む姿勢が自分たちとは違う。やっていたと思っていましたが『もっとやらないと』と思いました」

 もう一人、石本さんは熊本・人吉高を卒業後、福岡の久留米大に進学。大学の野球部には入部しなかったが、4年間自分で練習を続けた努力家。大学を卒業した今春、独立リーグのトライアウトを受験し、徳島インディゴソックスに入団した。練習の合間にブルペンでの投球練習を見学できた日もあったそうで「目指しているところのことをより深く知ることができて、とてもいい時間でした。プロの打球、対応力は本当にすごい。練習量も全然違いました」とうなずいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000516-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・いつか、阪神に指名されるような投手になってくれるといいですね!
今回の経験、しっかりと所属チームで活かしてほしいです!

・とても良い記事だと思います。こうしてプロの風に触れるのは本当に身になることでしょう。プロアマの壁をもう少し薄くして高校生もこういう経験をさせてあげたい。

・ふたりがいつかドラフトにかかってプロには入れる日を楽しみにしてます。それまで夢を諦めずに努力を怠るなよ。応援してるからな!

・プロと一緒に練習することで今の実力がわかるのと同時にアピールにもなるしな!
来年のドラフトで指名されるといいけども。

・お疲れ様でした。
こういう裏方さんにスポットを当てるのも良い。

・阪神園芸さんもそうですけど、裏方さんがおってくれればこそですよね

・ 今回はほとんどピッチングマシンを使わなかった代わりにバッティング投手の役割は大きかったほんと皆さんよく投げきった

・なんとか芽がでて、良い方向に向かって行って欲しいなぁ
すごく厳しい世界だから大変だけど食らいついてって欲しい!

・こういうこぼれ話は
おかわりしたくなる






    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2018年11月19日 23:48 id:QLpeXoIt0
    自分はプロスポーツは見るだけやから非日常を楽しむ娯楽やけど、プロスポーツが現実の延長線にある人たちが日本中にたくさんいるんだよな
    阪神で活躍している選手なんてその中のトップ中のトップ
    俺らはすごいエリート達から毎日楽しませてもらっているんだな
    2 名無しの猛虎魂さん 2018年11月19日 23:49 id:T6YIxCu10
    ええ記事やな。
    この2人がプロの舞台に立てる日が来る事を(祈)
    3 名無しの猛虎魂さん 2018年11月19日 23:58 id:jkC.sBoF0
    下位指名見てるとスカウトはかなり草の根までしっかり見てるように思えるし
    無理くさいFAとかより育成枠の充実と運用に金使ってもええんちゃうかな。
    選手だけじゃなくコーチも育成出来るメリットあるし。
    4 名無しの猛虎魂さん 2018年11月19日 23:59 id:BMtfLbXU0
    >>1
    華やかな世界の裏でプロに届きそうで届かなかった人たちがたくさんいるんだよな

    NPBの一軍という夢の舞台で活躍してる選手は本当にすごいと思うわ
    5 名無しの猛虎魂さん 2018年11月20日 00:08 id:vinOYOrq0
    >>4
    君の言う通りや。届きそうで届かないような、ほんまにほんまに紙一重の人たちがたくさんおるんやろな。
    見えない裏方でも心中で悔し涙を流しながら野球が好きの一心で選手を支えとる人もたくさんおるやろな。
    敬意を持って応援したいわ。
    6 名無しの猛虎魂さん 2018年11月20日 00:17 id:Xw.R5fT50
    アルバイトとはいえ、プロのユニフォーム着れるのも良いね
    お金よりも得られた経験や、思い出も多いやろうし、羨ましいわ
    7 名無しの猛虎魂さん 2018年11月20日 07:22 id:su.dc6rx0
    最終日荷物をまとめてベンチから引き上げる選手たちに二人が挨拶して回ってたわ。誰なんやろと思って見てたからスッキリや。ユニまで渡されて沖縄バイト君たちとはちょっと違うんやな。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット