20181126-00403448-nksports-000-5-view
阪神飯田優也投手(27)が26日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、100万円ダウンの年俸1900万円で更改した。

今季は7月にソフトバンクからトレードで加入。移籍後初先発初登板となった8月26日の巨人戦では、3回4失点と結果を残せなかった。今季はソフトバンクでの1試合と合わせ、登板機会は2試合だけ。「何もできず、プロに入ってから一番悔しいシーズンだった。(巨人戦は)意気込んだが、いい投球ができなかった。あの1試合で(チャンスを)つかむことができなかった」と厳しい表情で振り返った。

プロ7年目となる来季に向け、背水の決意を見せた。「身を粉にして投げたい。50~60試合投げないと戦力になれていないと思う。勝負をかけて、がんばりたい」。今後は沖縄での自主トレなどで体を作り、来年2月1日のキャンプインに万全の状態で迎える考えだ。(金額は推定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00403448-nksports-base

 




【この記事への反応】

・途中加入でも目立てなかったねぇ
ポテンシャルは高そうなので来年は頑張ってほしいな

・下がり幅100万だけ???

・悔しいのなら、結果で返せ!
左の先発、チャンスありあり!

・ライバルは島本かな。
左腕は貴重でも、替えがきかないポジションではないからね。

・厳しいコメント多いけど、そんなに悪い内容じゃなかったような気がしたし、来季十分に戦力になってくれる可能性はあると期待しています!

・阪神はこの手の移籍選手の再生、覚醒には定評あるし頑張って欲しい

・泣くなー。100万ダウンだからって。
来期活躍すれば、こんなの簡単に取り返せるよ。

・100万ダウンしようが、トレードであろうが、育成で有ろうが野球出来る内は、まだまだ可能性として1億、2億と年俸を上げる確率が残っています。止めたら何も無いですよ。まだまだ頑張れ!!