20181126-00000031-dal-000-2-view
 元阪神で野球評論家の下柳剛氏(50)が25日、同じ長崎県出身で阪神からドラフト5位指名された川原陸投手(17)=創成館=に、プロ入り前に明確かつ壮大な目標を設定することをすすめた。


同じ長崎出身、同じ左腕。その将来性の豊かさはすでに先輩左腕の耳にも届いている。飛躍へのサポートは惜しまない。猛虎の2度の優勝に貢献した左腕は自身の経験を踏まえつつ、同郷の若き左腕に熱いエールを送る。

 「まずはしっかりした目標を立てること。そしてそのためにどうすればいいのか。プロは全員が幸せになれる世界ではないからね」

 91年のプロ入りに際し、下柳氏は3つの目標を立てた。「1億円プレーヤー」「野球のテレビゲームに名前が出る選手」「日本シリーズで勝利投手」。そのすべてを達成した。しかし、13年の引退表明時に悔いも残った。

 「全部叶うなら『日本一』という目標も立てておけばよかった」

 優勝2度。05年には最多勝。21年間で通算129勝。完全燃焼の中にも後悔があった。同郷の後輩には同じ思いをして欲しくない…左腕の切なる願いだ。

 下柳氏はこの日、長崎県内で行われた自身が主催する少年ソフトボール大会に参加。大会会長として運営に携わる傍ら、故郷の少年たちの奮闘に目を細めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000031-dal-base

 




【この記事への反応】

・〉プロは全員が幸せになれる世界ではないからね。
まぁその通り。
ただ長身揃いの阪神若手投手陣の中にあっても長身左腕は希少戦力。
基礎体力をつけて直球を磨き、空振りをとる落ちる球、ゴロを打たせるクセ球を身につければ一軍からお呼びがかかると思う。
近年素材型高卒投手が楽しみを提供してくれているが、川原もそこに一枚噛んできてもらいたいね。あっと驚くほど化けて頂戴な。

・同郷の大先輩に気にかけてもらって嬉しいだろうね。
プロで長年活躍した下柳氏の言葉は何よりも説得力があるね。
川原も下柳氏のように息の長い選手になれるように頑張って欲しいよ。

・ここ10」年のプロ野球見ていて思う事。
プロ野球選手は、プロに入ってからの努力、勉強
野球にだけ集中したものののみが、成績を出せるなぁと。
逆を取れば、プロに入ってから良くする事も出来るんだなぁと思う。
素材だけでは、よくて一発屋。
川原君の頑張ってやー!

・下柳さんには、ぜひコーチをやってもらいたい。
あぁ見えて熱血漢で面倒見もいいし。
適当そうに見えて理論とか的確な印象もあるし。

・いつか矢野監督を現場で助けてあげてくださいね、下柳さん

・1年目で2軍のローテーションに入ればスゴイ。

・やっぱりどうしても、秀太がエラーした際にグラブを叩きつけた光景が印象的。

・3年目の一軍デビューしてくれたら御の字






    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 19:59 id:6Rv1NHx.0
    体を大きくするのが苦手なタイプかなぁという印象。
    2 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 20:18 id:UCrwZjJd0
    成功すれば井川2世、最低でも岩崎レベルの選手にはなれると思ってる
    3 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 20:27 id:5illpbOv0
    個人的には成瀬になったら成功とみてる
    投手歴1年でこれは凄い
    4 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 20:38 id:3uGgOo6F0
    7.8年後 中継ぎしてるタイプ
    5 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 21:24 id:CVreWSDb0
    下柳って見た目はかなり汚いけど地元で大きな大会やってそこからプロ排出したりその大会が出店とかも来る地元のお祭りみたいになってたりで中々辣腕だよな ヤニキもこいつ入閣させれてたらいくらか違ってたんかな
    6 名無しの猛虎魂さん 2018年11月26日 22:00 id:1yqSDUcr0
    下柳と川原という名前だけでも縁がありそうな感じ…。
    阪神は左ピッチャー育つから楽しみ。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット