20181127-00000239-sph-000-2-view
 阪神投手陣で最年長の能見篤史投手(39)が27日、兵庫県内でサンテレビの正月特番「レッツゴー! タイガースゴルフ2019」に参加。ラウンドを終え、来季からキャプテンを務める糸原健斗内野手(26)にピンチでもっとマウンドに来るように求めた。そのココロは-。

 遠慮はいらない、来い! ピンチの場面、間を取りたい場面で内野からマウンドへ。来季40歳シーズンを迎える能見が、キャプテンに決まった糸原に“マウンドに来い指令”を飛ばした。

 「言わなかったらこないので。こっちが言っているんです。最初から『来い』って。若い選手みんなそうなんですけど、遠慮してこない。『そうじゃない』と」

 今季、チームで唯一人全143試合に出場した糸原。シーズン中にたびたび目にしたのが、ピンチでマウンドの投手に声を掛けにいく姿だった。ところが実情は「(糸原が)来るようになったんじゃなくて、(俺が)来いって言ったの」。笑いながら裏側を明かし「別にグラウンドで先輩後輩とか関係ないんですよ」と強調した。

 糸原の主将就任にあたり、矢野監督が「俺らが言わんでもやってくれるから」と“補佐”に期待したのが能見と藤川だった。なぜ、もっとマウンドに来い-と? 来季15年目のベテランは言う。

 「全然、来たらいいんです。野手が来てくれると『一人じゃない』というのをピッチャーは感じるだろうし」

 自分のときだけではない。過渡期のチームは若い投手がたくさんいる。小野、才木、望月、藤浪だって来季は25歳。来季は馬場や浜地も何度も1軍のマウンドに立つかもしれない。ここぞというときに内野手が集まって「大丈夫だ」「俺たちが守ってやる」ともり立ててほしい。その先頭に糸原が立ってほしい。「何とか(若い選手を)助けていけるようにできればいい。まだまだ発展途上なので。チームが」。そのためには“補佐”としてどんどんモノ申す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000017-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・野手は鳥谷を模範に、投手は能見、藤川を参考にして来期に向けて奮起してほしいです。

・能見さんベテランのフォローありがとうございます。これからも若手を支えながら中継ぎよろしくお願いします。

・ベテランの福留や鳥谷、球児、そしてこの能見辺りが皆で、新キャプテンの糸原や選手会長の梅野を守り立てて貰いたい。
来年の阪神には巻き返して貰いたいし、ロケットスタートを期待している。

・能見選手等ベテランにももちろんですが、若手にも積極的に声をかけにいってほしいですね。
これとは別に、個人的にはピンチの時のファンの応援も重要だと思います。

・なかなか2年目の選手がするのは難しい。能見さんよく言うてくれました。来期は主将やし、これで少しは行きやすくなったやろう。

・阪神はいいベテランがたくさんいるから、若手も頼ってばかりじゃダメだけど心強いよね。頑張れ、糸原!

・さすがベテランですわ
どんどん若手に技術以外の引き出しを継承してあげてください

・能見さんに、かつてあった投手キャプテンになってほしいな。

・ノウミサン、ダイスキデス!