20181201-00000027-dal-000-2-view
 阪神の藤川球児投手(38)が30日、国内FA権を行使して巨人移籍を表明した広島・丸佳浩外野手(29)の決断を歓迎した。同じプロ選手として意思を尊重すると同時に、「おめでとう」の言葉を添え、市場の活発化による日本球界の発展を喜んだ。ただ、移籍先は最大のライバル球団。ストッパー再転向を狙うベテランは、「上がっていく」とG倒で最下位からの浮上を誓った。

 一報を伝え聞いた藤川は、驚くほど満面の笑みを見せた。宿敵巨人の大補強。オリックスから中島、西武から炭谷、阪神も獲得に動いた長距離砲・ビヤヌエバ…。ここに2年連続MVPの丸が加わることになった。来季に目を向ければ、あまりに厳しく、険しい窮状。それでも、笑った。

 「決まったの?おめでとう。当然ですよ、選手としては。僕はそうあるべきだと思う。一番、評価の高いところに行くべき。プロである以上は、ですね」

 語った持論は「阪神」だけの肩書ではなく、「プロ野球選手」として抱く矜恃(きょうじ)。活発な移籍が球界の発展につながると喜ぶ。「この時期は特に、スポーツ界というか、野球界ではいい動きだと思います。こういう動きがないとプロらしくない」。世間の関心が球界に向けられ、高額の条件提示が子供の憧れ、夢を運ぶ。

 広島ファンの悲哀、巨人ファンの歓喜。賛否両論の白熱する議論もまた、野球界に新たな熱を呼ぶだろう。藤川自身、2012年オフに海外FA権を行使してMLBに挑戦。15年に自由契約となると、NPB複数球団のオファーを蹴り、独立リーグで地元高知の発展に尽力した。自由な発想が生む力を信じる。

 「FAでどんどん移籍することは、素晴らしいことだと思います。選手はしっかり評価されたところに行くべき。じゃなきゃ置いて行かれますよ、世界に。海外の野球からも」

 高いレベルでの競い合いが、プロ野球選手としての宿命。大補強を続ける巨人を倒すことに意味が、価値がある。現在、12年から7年連続で負け越し中。「監督、原さんですし。もちろん手ごわいです」と警戒を強める。リーグ3連覇中の広島に、宿敵巨人。最下位からの浮上には、多くの難関が待っている。

 藤川はこの日も甲子園に姿を見せ、室内でトレーニングを行った。ストッパー再挑戦を公言し、連日ハードな練習を続ける。「手ごわいですけど、自分たちは今年に関しては最下位だったので、上がっていくしかない。しっかり蓄えを持っていくしか方法はない」。笑顔の裏にたぎる闘志を秘めた。大補強のG倒で虎党の歓喜を呼ぶ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000027-dal-base

 




【この記事への反応】

・ストレートの球威が今年の前半レベルで、さらに変化球のコントロールが改善すれば、今の打線でもセーブ王が取れると思う。 1年を通して活躍できるよう祈ってます。

・ドリスが自由契約に成ったみたいだから、球児を筆頭に能見や桑原、望月、高橋、岩崎辺りには頑張って貰いたいし、今年ホンダから入った斎藤も良い投手だから是非とも頑張って貰いたい。
先発陣も安定した先発があと1枚は欲しいから、西がダメなら金子を獲りに行って貰いたいし、中日のガルシアが自由契約に成ったみたいだから、ガルシアでも良いから獲って貰いたい。

・今年は良かったからオフは身体をケアして来年も能見とともにブルペンを支えて欲しい。
阪神は投手力で巨人に対抗せよ!

・球児さんに限らず、阪神投手陣が巨人打線をきりきり舞いさせる場面を数多く見たいです。巨人戦に限れば今季まで7年連続負け越し中ですしね。

・頑張って欲しいです。ストッパー復活を期待致します。

・ドリスが居なくなるみたいなんで球児にはまだまだ頑張ってもらわなアカン見たいですね

・ストレートとわかっていても打てないストレートそれが藤川球児。
9回に藤川がマウンドに立つ。
嬉しいです。期待しか有りません。頑張って下さい。

・また最後のイニングでリンドバーグが聞きたいと心から思ってます。