20181202-00000157-spnannex-000-2-view
 阪神・岩崎優投手(27)が2日、京都府亀岡市内で行われた侍・athlete主催「岩崎優の夢授業」に参加した。

 同市内の少年野球4チーム、計70人に対して、チームメートの坂本と実演を交えて指導。キャッチボールの重要性を説いた左腕は「捕ることもキャッチボール。しっかる胸の正面でグラブを構えて」と力説し、子どもたちも互いに声を出し合いながら腕を振った。

 また、イベントの最後には、両選手とのエキシビションマッチも行われ、坂本誠志郎捕手(25)は少年バッテリーから執拗な内角攻めにあい「俺の苦手なところ知ってるやろ!(インコースは)苦手やねん」と苦笑い。それでも、最後は左翼方向へ特大の“一発”を放ち面目を保つと、岩崎も対戦した6人を無安打に封じる“快投”を演じてしまい、申し訳なさげにマウンドを降りた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000157-spnannex-base

 




【この記事への反応】

・野球に必死に取り組んでる少年相手だからこそ、真剣勝負に価値があるように思います。
言葉で教わることもあるだろうけど、プロ選手の一投一打を間近で見られるなんてそうない経験でしょうから。

・岩崎投手の鉄仮面は今は亡き同郷静岡県出身の加藤初投手を思い出す!来年もタイガースのブルペンを救って欲しい!

・2019阪神先発の左の柱、岩崎。右の柱、青柳と大車輪の活躍でいきたいですなぁ〜

・ 坂本頑張れよ
応援してるぞ

・いや、おもろいやん!
相手は子供と言えども、みんな勝負師!
負けたくないっていうオトナげなさは大事よ!
坂本君!内角攻め、来年来るぞ!頑張れー。
岩崎はしっかり休養とって来年また頑張って!!