20181203-00000046-dal-000-2-view
 プロ野球界に幅広い人脈を持つ元フジテレビ・田中大貴アナが人気選手の隠れた一面を同アナの視点で紹介していきます。今回登場するのは阪神・糸井嘉男外野手です。

 「大貴さん、反対の脚上げたことあります?僕、日ハム時代に投げ方に悩みすぎて、気がついたらマウンド上で逆の足上げてボーク取られましたから…」

 阪神の糸井選手が数年前、投手時代のことを教えてくれました。まさに「糸井嘉男らしい」エピソードです。その時は涙が出るほどの爆笑でした。

 しかし、真相はもっと深い話でした。投手として入団した日本ハム時代、結果が出ず、苦しみ悩み続け、投球フォームを改善しようと24時間365日、投げ方について眠れず、試行錯誤していたのです。考えすぎて、身体が硬直し、結果、右投手にもかかわらず、逆脚の右脚が上がってしまったのでした。

 局アナ時代、スポーツキャスターとして約10年間、取材した中で最も練習する野球選手は糸井嘉男という男でした。「暇さえあれば練習する」、これが糸井選手です。

 どうして投手から野手に転向し、打撃で結果を残し続け、30代半ばを過ぎて盗塁王を獲得できたのか?決して彼は大きな声では言いませんが「常に野球に向き合い、それだけ練習してきたから」と打ち明けてくれました。

 秋季キャンプ中、食事に行く約束をしていながら、僕が仕事で1時間遅刻したことがありました。

 「嘉男君、ほんまゴメン!待ってる間、何してたん?」

 「1時間、腹筋背筋してました!」

 お決まりの爆笑の嵐。けれど、本当はそのクール中、しっかりと体幹トレーニング出来ていなかったからでした。

 独特の表現から「宇宙人」と呼ばれる糸井選手。実はその表現の裏側に彼なりの深い意味があるのです。

 阪神ファンの皆さん、糸井選手の表現に爆笑した後、必ず冷静にその言葉を振り返って下さい。「ほんまや、糸井の言うてた通りや!」てなりますので。来季もやってくれるはずですよ!

 ということで、今週から連載を始めさせて頂きます。ほんまは僕も兵庫育ちの関西人、バリバリの播州弁で育ちました。今まで隠してきたプロ野球界の“とくダネ”をバンバン書きますんで、宜しくお願いします!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000046-dal-base

 




【この記事への反応】

・怪我さえ無ければ、ポテンシャルが高い素晴らしい選手なのだが…。
糸井には怪我せずに頑張って貰いたい。

・田中アナはガチの野球経験者だし他の実況よりも説得力があるよね。
野球関連の仕事には目が輝いてて楽しそう。

・柳田に勝るとも劣らない能力あると思うけど
ホームラン少ない。

・30代後半になっても、ランキングに顔を出す成績を残しているのだから、当然やっているはず。
ただ、ひざの持病がなければ、もっと好成績を残せたはずなので、現状、騙し騙しで結果を残しているだけに凄い。

・凄まじい肉体とパワーを持ってるのにシーズン最多本塁打19本っていうのが意外です
無論ホームランだけが野球じゃないし
常にほぼ3割キープしてるし素晴らしい事には変わりはない。
ただイメージはほぼ柳田と同等な感じするよね

・とてつもない飛距離出すこともあるけど、基本的には中距離打者やな。

・糸井選手って走る時のスライドが広いのでファンに守備や走塁の時、真面目に走ってないと思われがちだと思う。