20181204-00000031-dal-000-2-view
 精かんな表情は、頼もしさに満ちていた。ドラフト4位の斎藤友貴哉投手(23)=ホンダ=が3日、同い年の広島・鈴木との対戦を心待ちにした。

 憧れ続けた夢舞台。タテジマのユニホームに初めて袖を通した斎藤は「ここからスタートという気持ちで、すごく楽しみな気持ちでいっぱい」と胸を高ぶらせた。

 対戦したい打者には鈴木誠也の名前を挙げ「自分が持てる力を精いっぱい出して勝てればいい」と闘志全開。鯉の主砲へと成長した同級生に、真っ向勝負を挑んでいく構えだ。

 王者・広島は3連覇を果たし、猛虎にとっては辛酸をなめさせられてきた相手だ。「広島打線は足もあって、日本シリーズも見ていたけど、すごくいいので。そういうチームを抑えないといけない」。強い相手に立ち向かうハートが、右腕を突き動かしている。

 目標とする投手はソフトバンクの森。「投げっぷりだったり、腕が吹き飛びそうな腕の振り」を自らに照らし合わせ、参考にしてきた。「コントロールも大事だと思うんですけど、相手を威圧するというか」と斎藤。度胸満点、躍動感抜群のマウンドさばきで“鯉料理”といく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000031-dal-base

 




【この記事への反応】

・4位で斎藤が獲得できたのは良かった。
もっと上位で指名されて消えると思っていたので。
ドラフト前が不調で各球団の評価が下がり、そのため上位指名されなかったんだと思いますが、それを見返し即戦力として大活躍してくれたら嬉しい。

・いきなりクローザーは難しいとしても、セットアッパーとしての早めのデビューはあるかも知れない。その出来次第では勝ちパターンの試合で投げることもあるだろう。そこで誠也を抑えられたら理想的。この時期くらいは夢や理想を語ってもいいよね。

・よく4位で残ってました。
個人的には社会人3人のなかで一番かな?と思ってます!

・周りに流されずに頑張ってほしい

・どんどんアピールして頑張ってほしいね

・その心意気は良し!とりあえず来年は期待して観させてもらいますよ!

・そうだ、そうだ。同級生なんだから、誠也を、嘗めてかかれ。度肝ぬかれても、這い上がれ。広島叩かねば、優勝はないぞ。