20181204-00000061-dal-000-4-view
 阪神の北條史也内野手(24)が4日、兵庫県・西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸2000万円から、600万増の年俸2600万円でサインした。

 今季は開幕2軍スタートだったが5月末に1軍昇格。再び登録を抹消されたものの、6月22日に再昇格を果たすと好調な打撃を武器に、スタメンに定着した。しかしながら9月14日のヤクルト戦(甲子園)での遊撃守備で、ダイビングキャッチを試みた際に左肩を痛めるアクシデント。「左肩の亜脱臼」と診断され、シーズン終盤に戦列を離れた。16年には122試合、昨年は83試合に出場したが、今年は62試合にとどまった。

 会見で北條は「来年は最初から、先頭となってチームを引っ張ってくれ、と言われたのが印象に残った」と意気に感じた様子。鳥谷が遊撃に復帰し、再び内野の花形ポジションを争うことになるが「すごい人だけど、ライバルとして頑張るだけです」と表情を引き締めた。来季の数字目標には「全試合出れたら」と全試合出場に目標を定めた。(金額は推定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000061-dal-base

 




【この記事への反応】

・守備もだんだんうまく、安定感が出てきた……
という矢先にけがだったからもったいなかった
守備は本当に「慣れ」「試合に出続けること」が重要なんでこの怪我を逆に生かして「こうすれば怪我をする」ということを学べば来季への飛躍にもつながる……と、コーチも言っているしファンとしては高いレベルでみんなが競ってくれれば、それだけチーム力が上がるので楽しみ

・北條の場合は怪我さえ無ければもう少し良い成績が残せた可能性は高いが、今シーズンは途中からの活躍だったから妥当な金額だろう。
来年は事実上の鳥谷との争いに成るだろうが切磋琢磨しながら頑張って貰いたい。

・ 怪我のせいもあるが、17年18年と出場機会が物足りない。
今年は3割超えたので、この打率で16年度と同等か、それ以上に出場機会をもぎ取って貰いたい。
今年は夏にUZRプラスになっていたし、鳥谷を追いやる気迫が大事。
もちろん、鳥谷も負けていないと思うので。

・金本に変わってから大分体が大きくなったなぁ。今は矢野監督のアドバイスから足を上げないようにしてる故にホームランとかはあまり出てないけどまたこれから増えて来そうやね。守備もそこそこ、肩が強いのは知ってるし頑張って欲しいね

・見ていて凄い成長してると思う。
後はケガだけしなければ一流選手なれると思うよ!
改めてケガしない鳥谷選手はほんまに凄い思う。

・お互いに万全の状態で競い合ってくれたら、チームにとっても絶対にプラスだし、お互い良い数字を残せそうな気がします。
とにかくケガにだけは注意してもらいたいなぁ。

・最後の怪我なければ3000万円で更改してたの違うかな?
来期は一年フルで結果残して倍増させて欲しいね!頑張ってや北條!!

・北條選手と鳥谷選手のポジション争いは、楽しみの1つです。
矢野監督が起用に悩むくらい、お互いが切磋琢磨をして、チームを盛り上げてください!