20181206-00000532-sanspo-000-2-view
 阪神・植田が5日、鳴尾浜で室内打撃練習などで汗を流し、体脂肪キープへの秘策を明かした。オフは体重の増減に目標値はないが、「9、10(%)くらい」という体脂肪率は保つ構え。そこで、寮での食事に白米よりもミネラル類などが豊富な玄米を「体にいいですから」と毎日食べているという。「(栄養の)バランスは意識しています」と栄養素への関心も向上中だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000532-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・もうちょい体を大きくしてパワーをつけて欲しいものだ。まだピッチャーの投げる球に振り遅れ、差し込まれ、力負けしているもの。だから三振率も高い。しっかりと振り負けないスイングで力強い打球を飛ばせるようになれば鳥谷や北條にはない植田の武器である足を活かせると言うもの。頑張って。

・速球に負けない力はつけて欲しいし、スイングもどんどん修正していって欲しい。
まだまだヒットが出る印象が少ないし、俊足タイプにしてはフライや三振が多い

・盗塁の上手さは認める。意外と足が速くても盗塁できない選手は多いのが現実。

・今期、植田の盗塁成功率は19/21で.905。
日ハムの西川に次いで両リーグ2位、ボール球の見極め率も悪くない。
カット技術を磨いて、出塁率を.330以上に出来れば相当嫌なバッターになりそう。

・筋肉があるのなら、体脂肪率はそれくらいでいいと思うけど。

・足の速さは本当にプロ

・守備 走塁は一級品
あとは チャンスの打撃で最低でも外野の前には飛ばそうよ!!