20181206-00000032-dal-000-4-view
 野球殿堂博物館は5日、2019年の野球殿堂入りの候補者を発表した。エキスパート表彰では阪神の掛布雅之SEA(63)ら3人が、プレーヤー表彰では阪神で“代打の神様”として活躍した桧山進次郎氏(49)ら6人が新たに候補に入った。選考は報道関係者や球界関係者による投票で行われ、来年1月15日に発表される。

 輝かしい経歴を持つ“ミスタータイガース”が、新たな栄光を手にするかもしれない。来年の殿堂入り候補者のエキスパート部門に初めて掛布SEAの名前が入った。

 エキスパート表彰は(1)現役を引退したプロ野球のコーチ、監督で引退後6カ月以上経過している人、(2)現役を引退したプロ野球選手で、引退後21年以上経過した人が対象。指導者(監督、コーチ)としての功績も評価の対象となる。掛布SEAは2004年までは競技者表彰(現在のプレーヤー表彰、エキスパート表彰の前身)の候補だった。

 掛布SEAは阪神で14、15年は育成&打撃コーディネーター(DC)として、16年から2年間は2軍監督として若手育成に尽力し、その手腕も高く評価された。エキスパート部門には、引き続き岡田彰布氏(デイリースポーツ評論家)とランディ・バース氏も候補に入っており、虎の豪華な伝説のクリーンアップ3人が顔をそろえた形だ。

 現役を引退したプロ野球選手で、引退後5年以上経過した人が対象のプレーヤー表彰では桧山氏が初めて候補入り。代打で158安打&111打点(いずれもセ・リーグ歴代2位)が評価された。

 阪神勢も含めそうそうたるメンバーがそろった殿堂入り候補者。来年1月に投票結果が発表される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000032-dal-base

 




【この記事への反応】

・正直、桧山氏が殿堂入りしたとしたら?ではあるが、候補入りすること自体がごく一握りの人のみであり名誉なことだと思う。
そうそうたる顔ぶれに並ぶ事が、ファンとしてはとても嬉しい。

・殿堂も良いですが、掛布さんには阪神の監督になって頂きたいです。

・え、桧山…?って思ったけど、代打でセ・リーグ歴代2位も打ってるとは知らなかった。でもやっぱり「阪神・桧山、殿堂入り」となると違和感がある…

・是非、よろしくお願い致します。

・バース・掛布・岡田三人揃い踏みが見たい。

・凄い名前が候補なのね!
バースさん、掛布さん、岡田さん、ついでに桧山さん、あの最強のクリーンナップと最強の代打さん、トラファンに最高のプレゼント予定なのね!
あくまでも「予定」決定で無い、それが候補なのよ!
決定祈って「合掌」。

・誰が決めんねん。