20181206-00000075-dal-000-3-view
 阪神・岩田稔投手(35)が6日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、減額制限(年俸1億円以下は25%)ギリギリとなる1200万減の年俸3800万円で更改した。

 今季は6試合に登板し、0勝4敗、防御率3・23の成績だった。球団からは「2軍にいる時間が多かったが、しんどいところで投げてくれた」と言われたという。「下での生活が長かったですけど、状態は悪くなかった。いつ呼ばれてもいいように準備していました」と今季を振り返った。

 来季に向けて「矢野監督に変わってチームが新しくなるので、その中で岩田はまだいますよというのをアピールして、開幕から最後まで投げたいですね」と力を込めた岩田。これまでチームに貢献してきた男が、もう一花を咲かせる。(金額は推定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000075-dal-base

 




【この記事への反応】

・ 糖尿病と戦いながら現役を続ける大変さ。
成績は良くないがそれだけでもすごい事だと思う。
大阪桐蔭の同級生おかわり君と共に長く現役として活躍して欲しい。

・シーズン後半、打線の援護があれば勝利投手になれた試合が数試合あった。昇格が本人の調子とチーム事情とかみ合わない不運もあった。

・岩田投手、最後の登板で残留決定でしたね!
良いピッチングをする時は、打線がつながらない。イメージがあります。
糖尿病で何かと制限が有るなかで、プロ野球選手で居る事が凄いと思います。
来年は健康第一で良い投球をお願いします!

・その日の体調の状態も有る中で大変やろうけど、岩田選手には頑張って欲しいな。結構登板した時は打線の援護が、少ない時も多いけど10勝くらい目指して頑張って欲しいな。

・貧打で好投してても負け投手なってる試合があったのでその辺もちゃんと見てやって欲しい。
闘病しながら先発に立つ岩田、個人的には阪神の投手で一番好き。来年も期待してます。

・まだまだやれるハズ。
今シーズン、広島に投げた時、相手の打者が首かしげたり、打ち難そうにしてた。
打者の手元で動くボールは相手は嫌がってるから、それを武器に是非復活を。

・病気と闘いながら、選手としても闘っている姿は同じ病と闘っている人たちに勇気を与えてくれているはずです。
先発、中継ぎどこでもいいから活躍期待しています。