20181208-00000016-nkgendai-000-2-view
 若手のため息が聞こえてきそうだ。

 5年契約を結んでいる阪神の鳥谷敬(37)が5日、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が契約最終年になる。

 今季は開幕こそ二塁のスタメンで出場するも、4月に入るとスタメン落ちが目立ち、5月29日のソフトバンク戦(交流戦)では出場機会がなく、連続試合出場が「1939」で途切れた。

 結局、出場121試合、打率.232、22打点、1本塁打。最下位の戦犯でも複数年契約のため、来季も4億円が保障された。

 鳥谷の煽りを食った形なのが、2年目の大山悠輔(23)だ。

 今季は開幕戦で巨人菅野に一発を浴びせ、幸先のいいスタートを切った。

 その後は7月までほとんど戦力にならなかったが、117試合に出場。打率.274、11本塁打、48打点という数字は、いずれも前年を上回り、本塁打と打点は、福留、糸井に次ぐチーム3位の成績。これで500万円の微増(3000万円)はないだろう。

 球団の人件費枠はある程度決まっている。

 昨年の阪神の年俸総額は12球団3位の約32億2600万円(推定=外国人選手含む)。

 昨オフ、韓国で2年連続3割、30本、100打点のロサリオ(29)を3億4000万円プラス出来高で獲得。その影響もあって今年の総額は約36億円(同)まで増えた。

 矢野新監督は金本前監督の「生え抜きの若手育成」方針を継承する。そのためこのオフは、浅村(西武―楽天)や丸(広島―巨人)の獲得を見送った。しかし、3億4000万円をドブに捨てたロサリオに代わる助っ人の獲得にも、億単位のカネが必要になる。10年目を迎えるメッセンジャーは単年4億円以上で再契約を結んだ。オリックスでFA権を行使した西勇輝投手(28)の獲得は濃厚といわれ、条件は4年総額18億円とも20億円ともいわれている。最下位から優勝を狙うには、若手の奮起が不可欠でも、彼らの尻を叩くだけのカネは残っていないようだ。

 評論家の高橋善正氏がこう言う。

「阪神は鳥谷と5年もの長期契約を結んだのが大きな間違い。若手は複数年契約とはわかっていても、働きに見合わないベテランの高年俸は納得できないはずです。阪神には福留(41=今季2億2000万円)や4年契約の3年目を迎える糸井(37=同4億円)もいる。この2人はまだ中心選手です。生え抜きの若手を育てるといいながら、現場はそのような状況ではない」

 しかもだ。来季の一塁は新助っ人の大砲が守ることになるはず。内・外野を守れるナバーロも残った。生え抜きの若手は年俸を抑えられるだけでなく、ポジション取りのチャンスも限られる。

「巨人の岡本和真(22)は高卒4年目の今年、高橋前監督が我慢して使い、やっと開花した。例えば、チャンスで結果を出した若手が『よっしゃー』と勢いづく時に、翌日にベテランに代えられたら気持ちはなえる。阪神の場合、編成にも問題がある」(前出の高橋氏)

 リーグ3連覇の広島を支えてきたのは、田中(29)、菊池(28)、丸(29)、鈴木(24)の生え抜きたち。ソフトバンクは育成上がりの甲斐(26)がマスクをかぶり、柳田(30)、中村(29)、今宮(27)も今が旬。西武は本塁打王の山川(27)や2年連続フルイニング出場の源田(25)もまだ若い。

 原監督は復帰1年目からペナントを奪回するため、今オフは大型補強を敢行。若手の出番が減るのは必至だが、阪神は矢野監督になっても若手の職場環境はかなり厳しそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000016-nkgendai-base

 




【この記事への反応】

・生え抜きで阪神一筋で毎年安定した活躍を続ければこんなに大きな契約も勝ち取れるということでしょ。逆に若手は励みにしてほしいですね

・ 鳥谷の場合は、これまでの貢献度にお金を出しても惜しくないと思うけどね。
ショートで出場し続け、何年も結果を出してきたことがどれだけすごいのか、どれだけチームへの貢献になるのか、調子の良かった上本や北條がケガで離脱したことを考えれば、よくわかるはず。

・鳥谷は「営業面」では4億以上の働きはしてると思うけど。

・嘆きって、そもそもそういう契約を結んでるわけだからさ。何も鳥谷側から一方的に提示した条件ではないわけで。球団も了承しているわけだからさ。

悔しいなら鳥谷以上の活躍して鳥谷以上の年俸もらえる選手になればいい。
みんな、鳥谷はもらいすぎだという。
たしかにここ最近の成績ならそうだろうが、シーズン一度も離脱せずフルで攻守に貢献してきた選手、しかも遊撃手というポジションで何年も。
これがもらいすぎなのか?
プロ野球選手の年俸は何も成績だけによるものじゃないわけだから。
これまでの貢献度やこれからの期待、それに人気やその人気による収益等色々加味されて年俸は上がるんだよ。
特に大した働きもせず、机の前に7.8時間座ってるだけで年取るたびに給与が上がっていくような簡単な仕事じゃないんだからさ。

・鳥谷は5年契約だから金額を気にしても仕方ない。来年の契約更改時に査定は入ると思うよ。
大山は残念ながら、シーズンの大半は働いてない。成績は阪神では、、、と言っても他球団なら主力以下だから、そんなもんでしょうね。
若手はまだまだこれからのシーズンがあるので、来シーズン活躍して、給料上げてもらえばいいこと。
ポジション競争も、プロの世界なんだから、チャンスの時に結果が出せないと次のチャンスは無くなる。
そのぐらいの危機感を持ってのぞまないと。

・鳥谷は成功者であり、ファンは多い。
グッズの売上も雲泥の差。今年はもう少し出されていれば結果はマシであったはず。

・鳥谷の場合、プレイヤーとしてだけじゃなく不調な選手のメンタルを察して話をしたり聞いたりしてくれるチームにとって必要な存在でもあるし、何よりグッズ販売の貢献度高すぎる。