20181216-00000062-dal-000-3-view
 今オフ、FAなどによる大物選手の移籍が目立っている。投手を見ると、西勇輝投手がオリックスから阪神へ、岩隈久志投手は米大リーグ・マリナーズから巨人へ、金子弌大投手はオリックスから日本ハムへの入団が決まり、移籍に伴い本拠地も変わることに。そこで、新たな本拠地となる球場での成績を見る。

 西の甲子園での成績は4試合で1勝1敗、防御率0・76。プロ初勝利を挙げたのは甲子園で、2011年4月17日の楽天戦。失点は初回に犠飛で失った1点のみで、7回を3安打1失点だった。ちなみに、菰野高時代は、08年夏の甲子園に出場。1回戦敗退だったものの、仙台育英戦で先発して9回13安打4失点の完投負けだった。

 セ・リーグを相手にした交流戦通算成績は29試合で10勝7敗、防御率2・94。10勝の内訳はDeNA=5勝、阪神&広島=2勝、ヤクルト=1勝。7敗の内訳は中日=3敗、巨人=2敗、阪神&ヤクルト=1敗だった。

 岩隈の東京ドームでの通算成績は12試合で7勝4敗、防御率2・68。プロ初登板初勝利は東京ドームで、近鉄時代の01年5月29日・日本ハム戦。8番手で登板して1回2/3を2安打1失点。九回に同点に追いつかれたものの、直後の延長十回に味方打線が勝ち越して勝利投手となった。

 岩隈の交流戦通算成績は、22試合で8勝10敗、防御率3・57。8勝の内訳は横浜(現DeNA)=3勝、広島&巨人=2勝、ヤクルト=1勝。10敗の内訳は広島&阪神=3敗、巨人&ヤクルト=2敗だった。

 なお同じパ・リーグ球団に移る金子の札幌ドーム通算成績は、13試合で4勝5敗1セーブ、防御率3・35となっている。

 これまでの金子の通算成績は316試合で120勝78敗。球団別で見ていくと、楽天=30勝9敗、西武=19勝13敗、ソフトバンク=19勝20敗、日本ハム=18勝9敗、ロッテ=17勝13敗、交流戦=17勝14敗だった。(デイリースポーツ・記録係)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000062-dal-base

 




【この記事への反応】

・甲子園に強いと言っても阪神キラーだっただけとも考えられるけどね

・西、金子はともかく、岩隈はデータが古すぎて参考にならないんじゃないだろうか。

・西は菰野時代の成績まで引き合いに出されててウケるな
甲子園とは相性良さそうだけれども

・西と金子はまだしも岩隈は全盛期の頃の成績じゃあ参考にならないし、先発で投げられるの?

・西の甲子園4試合で防御率0,76って凄いな!
めっちゃ期待しちゃうぞ♪

・西は、相性だけみたら期待できそうやな。来年どうなるかは、わからんけど(-_-;)

・縦縞ユニフォームが似合うなぁ

・阪神当時の岩隈から3勝もしてるんかい!!

・阪神タイガースと大阪名物ぱちぱちパンチや