20181217-00000039-dal-000-4-view
 プロ野球界に幅広い人脈を持つ元フジテレビ・田中大貴アナが人気選手の隠れた一面を同アナの視点で紹介していきます。今回登場するのは阪神・鳥谷敬内野手です。

  ◇  ◇

 周りにいる野球選手の誰に聞いても返ってくる答えは同じ。「鳥谷さん、ほんま凄いっす」「トリは凄いよ、ほんとに」「トリさん、めちゃくちゃ凄いですよ」。皆で口裏合わせをしてるんちゃうか…と思うくらい選手たちがこぞって「凄い」と表現し、讃える男が阪神の鳥谷敬です。

 「大貴さん、知ってます?トリ、朝起きたらすぐウエートやって、走り込みしてるんすよ。その日ナイターやのに…」

 「嘉男君、それほんまに?」

 「ほんまですよ、トリのストイックさはエグいっす!!」

 いやいや、糸井さん、あなたのストイックさも尋常じゃないでしょ…と心の中で叫びながらも、なるほど、周りの選手がみんな口をそろえて「凄い」ということはそういうことなのかと納得しました。確かに鳥谷はシーズン中、ナイターであろうがデーゲームであろうが一日中、体のことに時間を費やしているイメージがあります。

 「トリ、インタビューさせてくれる?2000本安打達成したし、お願いします!」と何度お願いしても「ダメです。トレーニングと準備があります」と同じ答えが返ってきました。あのニヒルな表情で。それで、ほんまにトレーニングしてた…。頭が下がります。

 彼がメジャーに行かず阪神に残留した時、珍しく単独インタビューに答えてくれました。「入団した時、優勝を経験させてもらえた。あんな下手な僕を先輩たちがサポートしてくれた。だから今度は僕が若い奴らを引っ張って優勝を経験させてあげたい。阪神に残った一番の理由です」。この言葉を伝えたくてインタビューを受けてくれたんだ…さすが鳥谷敬!

 ポジションがコロコロ替わっても、文句の一つも言いません。なぜなら、若い選手らと日本一になりたいからです。さすが鳥谷敬!!

 そういえば、大学時代、早慶戦で何回やられたか(涙)。4年生時、僕は一塁手でした。彼が簡単にチャンスでヒットを打つもんやから、一塁に来た時「ほんま凄いな、鳥谷君」て言ったら、例のニヒルな表情で「いや、大したことないっす」って。あ、僕も16年前、トリに「凄い」って言ってましたわ(笑)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000039-dal-base

 




【この記事への反応】

・鳥谷は人柄が良いからファンも多いだろう。
来年のショートは事実上北條との争いに成るだろうが、植田や熊谷、木浪辺りも含めて皆で切磋琢磨しながら頑張って貰いたい。
鳥谷の活躍を期待している。

・イチローや鳥谷は、入団時から不必要な体重増加はなく、体が1番動いて神経も行き渡る体作りに妥協がない。
だから、怪我もしないし強い。飛ばすにはたしかにパワーも必要で体を大きくすることも大事だが野球はホームラン打つだけのスポーツじゃないからね。

・ 怪我無く ( していたかもしれないけど )
長年、ショートを守り続けてくれたのは凄い。
来年も欠かせない存在。

・適材適所でポジションを決めれば鳥谷だってまだまだ、もっともっと活躍できると思う。
若手育成ももちろん大事だが、能力があり実績があるベテランを粗末に扱うようなことはしないでほしいと、金本に対してずーっと思ってた。

・阪神タイガースだけで2000本ヒットを打ったのが藤田平さんと鳥谷選手だけしかいないというところにいかに2000本ヒットを打つのが難しいというのがよくわかりますね!

・なんやかんや1年怪我なく計算出来る選手が監督にとって1番ありがたいと星野監督が仰られていた。当たり前のようにみえてなかなかできないことを10年以上やってるんだから素直に凄い。
若虎は喫煙者多いし、個々の意識を鳥谷の背中を見て若虎も感じてもらわないと。

・いつかの年和田監督にも言われてましたよね、優勝した翌日だかなんかの朝から走ってたって。

・スコアボードにあった鳥谷の、名前がない試合が多かった今シーズン。淋しかったわ。鼻が折れても打席に立つ鳥谷の姿は、みんな感動した。2000本安打達成した時は、感動とともに、まだまだいけるぞ。って思っていた。来年は、レギュラー&ショート奪取でたのんます。

・ひとつの事でもずっと継続して実行することは尊敬できます