20181221-00000001-baseballo-000-1-view
 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1995年12月21日だ。

 初めは「阪神をやめたい。環境を変えてほしい」だった。阪神の新庄剛志が95年12月5日の契約更改の席で、いきなり爆弾発言。藤田平監督の選手起用法や球団の体質についての不満から来たものだった。

 しかし、いつしか“トレード志願”は野球との決別をにおわす発言となり、ついに19日には「自分には野球に対するセンスと能力がない」と引退宣言。大騒動に発展したが21日、これを撤回。無事、阪神との契約書にサインした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00000001-baseballo-base

 




【この記事への反応】

・当時は成績が良くなくても新庄が打席の時にはワクワクさせられてたな。

・この後メジャーリーガーになり、日本ハムでは中心選手として日本一に大きく貢献。まさにエンターテイナー。

・なんだかんだ言ってえげつなく凄い選手。
守備は文句なしで世界トップレベルだし、日本人メジャー初4番は新庄。発満塁弾も新庄だったかな?

・この後実現しなかったと思ったがノムさんが投手の練習させてたよな

・新庄伝説やな~

・スーパースターだよ。
新庄さんは。

・相当叩かれた時期もあったもんな。

・のむさんの見る目は確か

・新庄初めて見た時から、この男ただ者ではないと思っていた。