20181228-00000010-nkgendai-000-1-view
 阪神は17年ぶりの最下位から巻き返すため、今オフに大型補強を断行。新外国人も3人が加入する。昨日の敵は今日の友。前中日のガルシアが虎に仲間入りした。「阪神タイガースへの入団が決まり、非常にうれしく思います。甲子園の大観衆の前での登板を楽しみにしています」。昨年12月17日に正式契約し、球団を通じてコメントした。

 190センチの長身からMAX155キロの直球を投げ下ろす。どの球も微妙に動かし、ゴロの山を築くのが特長だ。昨年は広島に3勝1敗、防御率2・88、ヤクルトに2勝1敗、同2・08、巨人には3勝1敗、同1・80。Aクラス3チームをねじ伏せている点も頼もしい。

 「しっかりと準備をして、チームの勝利に貢献できるようにベストを尽くしたいと思います」

 チームには少ない計算できる左腕。大きな戦力となるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000002-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・さて、今季の阪神はガルシア投手はもちろん、西投手の加入で投手陣は厚みが出てきたので、やはり打撃陣が巻き返しへの鍵になると思います。リーグ4連覇を目指す広島が現状一番強いと思いますが、まずはAクラス入りを目指して頑張ってほしいです。

・左の先発が岩貞だけで、あとは岩崎と高橋くらいでしたからね。
単年契約で済んだし、上手い補強だった。

・となると内野の守備大事よな
ころころ変えずに守備位置固定してほしい

・相手の戦力を削いだだけでもう十分だろ

・ガルシアと西で20勝。
負けは10以内。
これが出来たらタイガースの優勝もあると思う。

・お正月から景気いいね。
開幕が楽しみ、上手く馴染むといいね!
外国の方は、ヤジがわからないから、安心はしてるのよ