20181231-00427544-nksports-000-2-view
PL学園、東洋大、阪神タイガース…。野球のエリート街道を歩んできた男が、スーツ姿で奮闘している。左打ちの外野手として入団して6年目。戦力外通告を受け、今季限りで現役引退した緒方凌介氏(28)は、球団広報に転身した。

「あのとき、球団から声を掛けてもらって、すごくありがたかった。ここ2年間は1軍に上がれなかったので…覚悟はしてました。それに10月の宮崎でもケガをしてしまったので」

ケガに泣いた。10月15日のみやざきフェニックス・リーグで二盗を試みた際に右膝を負傷。自力で歩けず、担架で運ばれた。「右膝関節の捻挫」と診断されたが、右膝は故障歴があり「選手生活が終わった」と自覚した。2週間後、球団から戦力外を通告された。

親に伝えようとして携帯電話を握った手が震えた。「戦力外を受けたことを伝えるのは、すごく荷が重かった」。ただ、家族の反応は予想外だった。「これ以上、無理して体にメスを入れてほしくない。もちろん残念なことだけど、子どもに28歳まで夢を見させてもらった。一緒に夢を追わせてもらって、本当にありがとう」。そう言って涙することもなかったという。

「あれで救われた。自分もあっさりと新しい道に進むことができた。物事を深く考えないタイプ。やるしかないので、前向きに」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00427544-nksports-base

 




【この記事への反応】

・戦力外後、声をかけてくれる人とそれでない人の差は人柄やこれまでの野球に対する姿勢等だと思うが、選手が思っている以上に球団は選手の行動や言動を確認しているのだと思う。

・緒方は真面目だし人柄が素敵だった
第二の人生頑張ってね!!

・阪神は面倒見がいいね

・努力、一生懸命してれば何らかの形で必ず報われる、これが世の常
わが子より若いので心配していたので本当に良かった。
第二の人生頑張って下さい。

・真面目にやっていれば見てくれている人は必ずいるもんだ。
頑張って欲しい。

・引退しても球団が面倒を見てくれるのは本当に有り難いですね。
今後は広報としての仕事を頑張ってください!

・2014年甲子園オリックスとの交流戦でのプロ初ホームランを現地で観たのを思い出します。右中間の最深部^^
PL魂で広報でも頑張って下さい。

・球団に残れたのも、この人の人徳。
不貞腐れた様な人生歩んでたら、あっさり切られてるよ。

・広報担当になっても輝いてほしい。

・阪神広報は良い仕事。
球団に感謝だね。

・十字靭帯切ってなかったらドラ1候補だったのになぁ〜無事是名馬とはよく言ったものだな