20190102-00000083-dal-000-2-view
 阪神のドラフト3位ルーキー・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が2日、青森市の青森大学室内練習場で自主トレを公開した。

 年が明け、いよいよ飛び込むプロの世界。「1年目なので、とにかくガムシャラに努力して」と腕をぶした。青森山田高時代は、17年の新人王・中日の京田と三遊間を組んでいた木浪。新人王という目標には「その目標は持っているけど、目の前のことをしっかりやっていって、最終的にそういう目標にたどり着けたら」と一歩一歩、レベルアップを図っていく構えだ。

 京田以外にも、阪神では北條が同級生。高3夏の県大会では正三塁手として甲子園を目指すが、北條を擁する光星学院(現八戸学院光星)に3回戦で延長十回の末、6-8で敗退した。先にプロの舞台で活躍している同級生2人に「追いついて、追い越せるように」と意気込みを示していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000083-dal-base

 




【この記事への反応】

・正月に阪神ドラ3のため青森まで取材に行くとは、流石デイリーや!

・ええ心がけや
しかし練習はもっと暖かいところでやるべきやおもうわ

・この写真は絶対にデイリーの記者が外で撮らせたろ。積もった雪の中で素振りとか有り得へんわ

・糸原は社会人で三塁手ながらプロでは二塁を任されているが、木浪は社会人では遊撃手だったし
センターラインの補強の意味で獲得した選手だろうから守備が糸原のようでは困るね。
糸原くらい打てて守備が良けりゃ何もいうことはないが、打つ方でどれだけ成績出せるかが大事だね。
遊撃手は北條か鳥谷かと言われてるポジションだが、正直38にもなる鳥谷が候補に挙がる時点でヤバいわけだからね。かつては名手だったとはいえ。
北條が抜けた時にまた森越がスタメンになるのか、そこに木浪が割って入れるのか。