20190105-00436828-nksports-000-8-view
阪神のドラフト2位・小幡竜平内野手(18=延岡学園)が5日、出身チームの大分明野ボーイズが練習するグラウンドで自主トレを公開した。

幼少期に慣れ親しんだ「原点」でランニングやキャッチボールなどみっちり3時間練習。7日に入寮を迎える18歳は「やらないといけないという気持ちが一番強い。本当に結果を出さないといけない職業なので、しっかり自分に負けないようにやっていきたい」と、目を輝かせた。

新入団選手の体力測定では30メートル走3秒98と新人のなかでは唯一の3秒台をマーク。181センチ、73キロと体格にも恵まれた大型ショートは「プロに入ったら全然なので。足が速いだけじゃ盗塁は出来ないし、スタート、スライディングが重ならないといけない。いい選手がいれば盗んでいきたい」と貪欲だ。

中日根尾、オリックス太田ら同世代のショートにはライバルも多いが「そういった人たちより先に出たいという気持ちは強いですし、最終的に絶対に勝たないといけない立場だと思うので」と意気込みを語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00436828-nksports-base

 




【この記事への反応】

・4年後くらいまでにはショートのレギュラーというのもあり得なくはないかもしれない。
守備のセンスはあるから、鍛えれば阪神では一番ショートの守備がうまくなると思う。
それに阪神のショートのレベルが低いから、守備の評価が高ければ、守備固め・代走要員としてなら、早い段階で1軍で起用される機会は多くなりそう。

・まずは、身内に勝たないとね、ショートは激戦区なのよ、直ぐにはデビューは厳しそう、身体作りからなのよ、期待は再来年、その前に北條君が期待に応えないとね、ドラ2のショートが詰まるのよ。

・鳥谷のように 打席に入るだけで
大歓声が起きる そういう選手になって欲しい !!
応援してるでぇーー

・最下位のドラフト2位は1位並みの評価ってこと。マスコミの露出は少なめにして、再来年の春くらいまで実力を蓄えてレギュラーとしてデビューして欲しい。

・遠投
小幡 120m
根尾 115m
小園 105m
太田 105m
藤原 105m
肩はガチでトップクラス

・全盛期の 井端や鳥谷 宮本を超えるような
ショートいうたら 小幡と言われるような
ゴールデングラブ賞の常連になって欲しい !!

・将来的に 熊谷と二遊間を組んで欲しい !!
そして 不動の1 2番になってくれ ^^

・スカウトが、小園や根尾に追い付き追い越せる素材って言葉を信じたい。
時間は掛かると思うけど、先ずは守備と走塁でトップレベルの選手になって欲しい。