20190106-00000020-dal-000-3-view
 阪神の藤浪晋太郎投手(24)が5日、大阪府大東市の大阪桐蔭グラウンドで自主トレを公開した。今オフは新たな取り組みとして、JRA騎手の武豊(49)が総合プロデューサーを務めるジムを拠点に自主トレーニング中。体幹強化や、肩や股関節などの可動域を広げるメニューが主で、入団初年度にいきなり10勝した2013年の動きを理想に掲げる。新トレで“原点回帰”を図り、7年目のローテ再奪取を狙う。

 勝負の一年と位置づける新年を迎え、藤浪はちゃめっ気たっぷりに笑った。今年の干支(えと)にちなんだ抱負を-急なリクエストにも動じない。「猪突(ちょとつ)猛進以外に何かありますかね。すみません、面白い答えが思い浮かばなくて…」。笑顔の裏に確かな手応え、自信もうかがえた。

 気温は3度。大阪と奈良の県境付近に位置する、母校・大阪桐蔭の野球部グラウンド。「原点」と語る場所で毎年恒例の練習始めだ。プロ7年目、4月には25歳の誕生日を迎える。この日は同校の同級生で、オリックスの沢田圭佑投手(24)と走り込み、キャッチボールなど、約3時間のメニューを消化した。

 「競争自体は激しくなりますが5、6番手を争っているようじゃダメなので。キャンプ、オープン戦で藤浪は全然入るな、と思われるように。年間を通してローテーションを守れるようにしたい」

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000020-dal-base

 




【この記事への反応】

・ ファンとしても、自分自身の良さを再確認し、ポテンシャルを発揮できるよう調整するのは、
安心して応援できます。
筋トレで本来の可動域を狭めることもあるので、可動域を戻すことによりバランスを取り戻し、
結果が自然とついてくると思います。
焦らずに、頑張って下さい!

・優勝に必要な戦力。
つまずいたことが糧になるはず。
自分で考えてやれることを積み重ねていけばいいと思う。
頑張って!

・原点回帰はいい選択にみえる。あとはプレッシャーのかかる阪神タイガースのマウンドで自分を信じて投げられたら、普通に勝てるように思えてしまう。

・武豊プロデュースのジムは予想外。でもダル式よりは良い気がする。原点回帰というベクトルも良い。

・完全復活を祈ります!

・今シーズンは藤浪投手の完全復活に期待大!

・イケメンやな。