20190108-00000018-sph-000-3-view
 阪神・矢野監督が兵庫・西宮市内の球団事務所で年賀式に参加し、あらためて「全員競争」の方針を徹底した。

 福留、糸井の両輪についても「(2人を)安心させないようなチームが大事。誰が出てきても面白い。伸びしろもあるし、ベテランの意地もあるし」と競争の土俵に乗せる考えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000018-sph-base

 




【この記事への反応】

・ 福留を控えにできるように高山、中谷、江越あたりに頑張ってほしい。福留が代打待機になれば勝負所での代打は相手にとってかなり不気味だと思う。左の福留、右の原口。この代打陣ならかなり嫌だと思う。

・福留や糸井に頼ってばかりはいられない。
彼らのポジションを奪い取るくらいの選手が出てきて欲しい。

・筋肉を鍛えさせた金本前監督に野村克也さんの愛弟子である矢野監督が頭脳プレイをプラスするのだから若手はグングン伸びる。
福留を代打の切り札にして、中谷をレギュラーに据えるのがベストだ。

・いや、逆に
「もう、俺が居らんでも、いい選手揃ってるし大丈夫や。これで安心して引退できるわ」
と、思ってもらえるようなチームにならないといけない

・彼らは安心なんかしないでしょ。未だに糸井や福留、鳥谷の方が若手より練習してると聞く。