20190108-00439713-nksports-000-4-view
阪神北條史也内野手(24)とドラフト3位・木浪聖也内野手(24=ホンダ)の「青森同学年コンビ」が8日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で初めてニアミスした。

自主トレ中の北條に対し、木浪も今日9日の新人合同自主トレ初日に備えてトレーニング。公の場で会話を交わすタイミングはなかったが、木浪は「ライバルとは全然…。すごいな、という感じで見ていましたから。自分より全然うまくて、高校生じゃないみたいでした」と表現。北條も「打ち方が柔らかくて京田に似ているなと思っていました」と高校時代を笑顔で振り返った。

2人は同い年。北條は光星学院(現八戸学院光星)で3季連続甲子園準優勝を経験。木浪は青森山田で三塁手として中日京田と三遊間を組んだが、甲子園出場はかなわなかった。プロではチームメートとなり、遊撃のポジションを争う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00439713-nksports-base

 




【この記事への反応】

・センターラインの固定は優勝する為には必要と感じるけど、今年の阪神のセンター、セカンド
ショートのスタメンは本当に悩む。
矢野さんの采配がいきなり試されますね。

・ショートは潰しがきくから、もし北條に勝てなくても頑張ってほしい

・北條は最初は木製バットに苦労していたけど、
すっかり適応したからなぁ。
しかも守備も年々上手くなって、今の阪神で一番上手いんじゃないか?ってくらいだし。
木浪も負けずに頑張って欲しい。

・ 新戦力の台頭はチーム力を上げる。その上でショートは北條。今年は確実に3割打つよ。勿論規定打席クリアで。

・今の時期は新人はみんな活躍しそうな気がしてしまうんだよな。

・阪神のメンバー糸井福留助っ人抜きで
若手中堅の選手でどれだけ戦えるかシーズンで観たいね
投手は大変だろうけど