20190112-00442497-nksports-000-6-view
先発投手陣の立て直しは、来季への最重要課題のひとつだ。18年虎の勝ち星最多は、メッセンジャーの11勝。これに続いたのは、岩貞と小野の7勝だった。日本人の2桁勝利投手不在は01年以来17年ぶりだが、この年は井川慶と福原忍が各9勝を挙げていた。日本人投手の勝ち頭が7勝だったのは、2リーグ分立後球団ワーストだ。過去最少だった87年仲田幸司、88年中西清起の各8勝を下回った。規定投球回数を満たしたのはメッセンジャーだけで、日本人に限るとゼロ。こちらは07年以来、11年ぶりの事態となった。

年間通して働いた先発投手が不在だった。オールスターまで防御率3・64と踏ん張っていた先発陣は、後半戦には4・94と大幅に悪化した。それどころか終盤戦では、前記の3本柱が壊滅状態に。それぞれのシーズン最終先発まで、阪神は黒星街道を突き進んだ。メッセンジャーが投げた試合でチームは、8月23日中日戦以降7連敗で閉幕。同じく小野先発の試合で阪神は、9月8日巨人戦から5連敗。岩貞の先発戦は、9月19日ヤクルト戦から1分け3敗だった。8月終了時点で阪神は4位につけており、3位とは2・5差。十分にCS進出が可能だったが、ここから最下位へ転落した。主軸投手の不成績が、その要因となったことは間違いない。

頼れるメッセンジャーが外国人枠から外れたとはいえ、19年は38歳となる。オリックスからFAで西勇輝を迎える阪神投手陣。実績十分の右腕に刺激を受け、生え抜き投手の奮起なくして名門再建は望めない。【記録室・高野勲】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00442497-nksports-base

 




【この記事への反応】

・先発の問題というか、野手陣が点を取ってたら勝てたでしょう。ゼロで押さえていても見方が点を取れずホームラン一発で負ける悪夢から、大胆に攻められずコーナーを狙いすぎ、四球を出すことに繋がり、結果大量失点のパターン。真の問題を解決されず、投手陣がかわいそう。目先の結果に拘らず長打力ある高卒野手積極的に獲得してください。当面はつなぐ野球しか術はないが....

・阪神の投手陣は西とガルシアが加入した事で随分厚みが増した。
今シーズンのローテーションは今までの実績から行けば、メッセンジャー、西、ガルシア、秋山、藤浪、岩貞になる可能性が高い。
だが調子次第では、成長著しい才木や小野、青柳辺りにもチャンスは充分に有るから、皆で切磋琢磨しながら頑張って貰いたい。
近年では最強の投手陣だし、この投手陣が頑張れば優勝争いも充分に期待が出来る。
是非とも頑張って貰いたい。

・ 昨年の岩貞投手は打撃陣の援護があれば二桁は勝てたと思います。今季は打撃陣の援護の有無はもちろんありますが、投手陣の層が厚くなってきたとはいえやはり藤浪、秋山両投手の復調は必須です。

・打撃陣の奮起
先発陣は6回か7回を投げきって良いリリーフ陣が、いるのであぐらをかかない。
後は、選手1人1人が「絶対勝つ」意識の差だと思いますよ。
期待しております。

・西とガルシアが入って先発陣は厚くなって、さらに四番候補で外国人も取って打力は去年よりは上がると思う。
ただ、このチームはやっぱり藤浪の復活だろ
好調良かった時はダルとか菅野クラスの投手だよ