20190113-00000029-dal-000-2-view
 阪神の小野泰己投手(24)が12日、猛アピールの宣戦布告だ。宜野座キャンプ中の2月11日に行われる今年初実戦、紅白戦での登板を志願した。開幕ローテーション入りをかけたサバイバルマッチ。きょう13日にもブルペン入りすることを見据え、昨年の“験担ぎ”を目指していく。この日は鳴尾浜で自主トレを行った。

 はやる気持ちを押し殺す。プロ3年目の幕開けだ。小野は静かに息を吐いた。「紅白戦はもちろん狙ってます。打撃投手でもいい。早く打者相手に投げたいので」。強い思いが、声に乗る。見据えるは、約1カ月後に迫る初実戦だった。

 2019年の目標に、迷いなく「去年以上」と力強く言い切った。昨季は開幕ローテの5枠をたぐり寄せ、1年間1軍で完走。勝ち星を大きく増やし、7勝7敗でシーズンを終えた。これら全ての成績を超えるために-まず開幕ローテ奪取は、小野にとって最初に越えるべき壁となる。

 だからこそ、験担ぎといきたい。チーム初実戦となる紅白戦からのスタートは、小野にとっても縁起がいい。昨年も2月7日の紅白戦初戦に登板し、そこから29イニング無失点。結果を数字で示し、ローテーションの一角に加わっていった。「今まで以上に厳しい戦いになる」と気を引き締める今季の競争。勢いよくスタート“奪取”を切るためにも、紅白戦登板への思いは強まっている。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000029-dal-base

 




【この記事への反応】

・オフの投げないトレーニングは良いと思う。
下半身を重点に鍛えスタミナをつける事は昨年の反省を活かしてると言える。
今年になって投げ込みを増やすのも良い事。
制球力をつける為の目的だから理にかなってる。
自分の弱点を把握して計画的に段階を踏んで課題をクリアする姿を見てると今年の小野は相当期待できるな!

・一昨年の2勝から去年は5勝の上積み。もう5勝上積みできれば非常に大きな戦力になる。ガルシア、西が加入する分先発ローテ争いは更に激しくなるが、年間通してローテを投げられたことは経験の上でも大きい筈。今年は更なる飛躍を目指して頑張って欲しい

・1球種でいいので、精度の高い変化球が欲しい。
ストレートは本当に良いモノを持っている。

・小野投手にはもっと精進してほしい!更なるステップアップこそが小野投手のため、そしてタイガースの浮上に繋がるのだから!!

・カウントが稼げる低めのストレート。
それと、打たせて取れる変化球。
課題は、はっきりしていると思う。

・小野が鍛える必要があるのは肝っ玉やと思う

・今年は9勝くらいしてもらいたいわ!