20190113-00442499-nksports-000-4-view
大山は次代の主砲候補として、アピールに成功した。1年目の17年7本塁打に続き、18年は11本。入団2年目までに2桁本塁打に到達した阪神の選手は、新人だった80年に18本塁打を記録した岡田彰布以来、38年ぶりだ。

18年の大山は、3月30日の開幕戦巨人戦に6番・三塁で先発出場を果たした。球界のエース菅野から第2打席に2ランを放ち、快勝発進に貢献。最大のハイライトは9月16日DeNA戦だった。プロ野球史上初の「1試合6安打&3本塁打」という離れ業をやってのけた。シーズン終盤の9月29日中日戦から最終戦まで12試合で4番を務めた。

とはいえ、喜ぶには少し早い。無走者の状況で打率3割1分5厘の大山だが、走者を置くと2割2分9厘へ急落。得点圏では2割1分2厘、満塁では1割5分8厘と、好機になればなるほど悪化の一途をたどる。主砲の座を固めるには、勝負強さを身につけたい。

さらに気になる事実もある。近年の阪神では、2桁本塁打を達成した途端に、成長が止まる生え抜き選手が相次いでいる。林威助は07年に15本塁打と結果を残したが、翌年からは出場が減り、既に引退。09年に12本塁打を放った桜井は、故障のため実働わずか4年で球界を去った。16年原口は18年代打で結果を出したものの、レギュラー定着には至っていない。17年20本塁打の中谷は、18年5本塁打と失速した。大砲候補から真の主砲へ。一発長打の魅力を持ちながら、活躍期間が短い「一発屋」で終わってもらっては困るのだ。大山には勝負の年がやってくる。【記録室・高野勲】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00442499-nksports-base

 




【この記事への反応】

・大山の昨年の成績も9月以降に活躍した数字が大きく影響しているから、先ずは今シーズンは一年間通して活躍して貰いたい。
期待値が高い選手だが、まだ一年間通して活躍した年は無いのだから尚更である。

・今季の大山選手には打線の軸、すなわち4番としてチームの柱になって欲しい。
大山選手には調子悪くて少々打てない時期があっても、ある程度我慢してスタメンで起用してチームの勝敗を委ね、チームの主軸としての成長を促すような起用法をして欲しい。
阪神の今後5年から10年の未来は、今季の大山選手成長にかかっている。期待して応援します。

・これは大山だけじゃなく糸原にも同じことが言えるな。ここの生え抜きは活躍した次の年に研究されて、壁を乗り越えられずそのまま駄目になるパターンが多いからな。今年は真価が問われる。

・今年はシーズン初めから積極的なバッティングを期待している。

・阪神の場合、結果出した後の周りの期待が重すぎるってのもあるんでない?
在阪マスコミやファンからナチュラルに圧がかかってハードルが高くなる。

・6安打&3本塁打は圧巻だったわ

・記事の中にもある様にカウント、状況によって配球が変わるのがよく分かりますよね。
そこを大山が、理解して打席に立てるかどうかでは、ないですか…?

・一発屋というよりまだ、少しづつ階段を上がっている状態じゃないかな?
今年は280、30発くらい打って欲しい!
進化の3年目、期待しています!