20190114-00000028-dal-000-2-view

 『ケガをしない体づくり』を心掛けてトレーニングを積んできた。4年目のシーズンを迎える阪神・望月惇志投手(21)が13日、鳴尾浜で今年初めてブルペン入り。後半はワインドアップを試しながら30球を投じた。

“本格派”らしい勢いのある球をミットに投げ込んだが、「まだまだ全然バラつきがあったし、体と投げるタイミングあったのは何球かしかなかったので」と仕上げ途上を強調。「このあとも何度かブルペンには入るでしょうけど、(基本的には)体をつくりながら仕上げていきたい」と、徐々に状態を上げていく考えを明かした。

 ルーキーイヤーとなった16年、シーズン最終戦の巨人戦で九回に1軍初登板し、当時の自己最速となる153キロの速球を投げ込むなど、1回を無失点デビュー。甲子園を沸かせた。だが、そこからは右肘の負傷、腰痛などケガとの戦いに。17年のオフには腰椎椎間板ヘルニアの手術に踏み切った。昨シーズン前半はリハビリもあって2軍調整が続いたが、7月3日から1軍に昇格すると中継ぎで37試合に登板した。

 飛躍を遂げて迎えた今オフは体幹を鍛えるトレーニングを積み「トレーナーさんが作ってくれたメニューを続けてきました。腰痛を再発しないように、そして他にもケガをしないようにすることが大事なので。これからも継続していきたい」。シーズンを通して戦い抜く強さを身につけることが狙いだ。

 プロ未勝利だが、矢野監督から「望月だって可能性がある」と“開幕投手候補”に名前が挙がったことを聞き、「ありがたいですね。その期待に応えられるように」と表情を引き締めた。月末には沖縄で藤川らと合同自主トレを行う。MAX158キロ右腕は先発起用も見据えながら、準備を進めていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000028-dal-base

2: 風吹けば名無し 2019/01/14(月) 12:15:51.59 ID:C3s1y0P20
 




【この記事への反応】

・毎々思うが、阪神は望月をよく指名したなと。高校時代の動画を見ると体幹の強さ、柔らかさ、ボールのスピードは素晴らしいが、開き気味の手投げフォーム、投げるたびに異なる投球フォームなど未完成感が強く、一旦大学か社会人を経由した方が良いと思わせた。
望月が一番偉いが、その彼を指名してあっと言う間に一軍戦力にした阪神コーチ陣も偉いと思う。

・ポテンシャルのある投手。
体幹鍛えて、負けない身体にしてほしい。
ストレートを大切にするのは当然だが、変化球でカウント取れるように頑張って。そうすればストレートももっと生きてくる!

・怪我をしないことが一番なので、まだまだ焦らないでください。
プロ仕様の体ができるまで、しっかりコントロールを磨いてください。

・フレッシュオールスターゲームでは大器を感じさせる素晴らしい投球を見せてくれた。
今年の阪神は先発が充実しているので、恐らく中継ぎでの開幕が濃厚と思われるが、上手くコンディションを整えて1年間戦ってほしい。

・どちらで起用されようと、怪我だけは注意してすごく期待してる!
1年通じて活躍を!

・中継ぎで便利づかいする投手じゃないと思う。
先発ローテーション入りのダークホース的投手…能力開花して欲しいです!

・この望月に、浜地、才木の3人にはかなり期待している。

・阪神希望の星の1人。