20190115-00000031-dal-000-3-view
阪神・飯田優也投手(28)が14日、17年最多勝右腕から学んだ“クロスフィットトレーニング”での肉体強化を糧に今季、勝負を懸ける意思を示した。

 決意のシーズンで新たなチャレンジだ。同級生で元同僚のソフトバンク・東浜と12日まで行っていた沖縄自主トレ中に、クロスフィットトレーニングを教わった。器具などを使用し、スタミナや筋力、瞬発性など総合的に身体能力を向上させるために作られたトレーニング。これを飯田は3回トライした。

 「立てなくなるほどしんどいですよ」。そう吐露しながらも「全身運動なので、全身を鍛えつつ、力をうまく分散させていく。力の分散を勉強させてもらった」とうなずいた。今後もオフの間、取り組んでいくという。

 その効果で体の状態もいいからか、投球からも気迫がみなぎっていた。この日は鳴尾浜のブルペンで直球を中心に「ゾーンに強いボールがいくこと」を意識して30球。移籍2年目の今季に向け「(2月)1日に向けてベストを出せるように。今季は勝負だと思っているので」と言葉に力を込めた。

 大きく見据える目標は50~60試合登板だ。すでに沖縄でもブルペン入りをしており「(今後も)どんどん入っていきたい」と気合十分。貴重な左腕として1軍で投げ抜き、唯一無二の存在になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000031-dal-base

 




【この記事への反応】

・飯田投手のストレートや変化球の切れ球威ともに1軍レベルで申し分無い
と思うが、これまで1軍に定着出来なかった要因がコントロールのバツキで四球を連発し自滅していたからに他ならない、安定したコントロールを身に着ければ先発or中継ぎでも十分通用するはずです。

・阪神の投手陣は一定レベル以上が揃っているので、飯田クラスの競争は激しい。しかし桑原の例もあるし矢野監督の頭には飯田という名前が間違いなくあるのでチャンスはあると思う。

・飯田が50試合でも投げてくれたら年々、岩崎頼みになっている阪神中継ぎ左腕の状況
働き盛りの飯田、島本と高橋が復調してカバーし合えばコマは揃う

・継投の時「え?飯田かよ!」と外野手達から言われないように頑張ってp(^-^)q

・写真の3人は 今季 勝負だな!!
牧も まだ早いと思わずに 才木みたいに堂々としたピッチングを披露して欲しい^^

・握手してもらってる一般のファンみたい






    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2019年01月15日 21:35 id:UZ6WBmVz0
    ファンやと思ったら牧くんかw
    2 名無しの猛虎魂さん 2019年01月15日 22:18 id:NIk0BC.u0
    相変わらず白くて安心したで
    ちな鷹
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット