20190122-00000028-dal-000-2-view
 阪神が今秋ドラフト候補で、二刀流左腕として注目される奈良学園大・菅田大介外野手(3年・京都共栄学園)を生チェックする。3月6日に2軍と同大がプロアマ交流戦で対戦することが判明。投打で可能性を秘める逸材を直接チェックし、今秋ドラフトへつなげる。

 地元・関西の好素材は逃せない。阪神は若虎と菅田の真剣勝負で、二刀流の能力を見極める。

 菅田は左投げ左打ちで、187センチ、83キロの大型選手。投手としては最速146キロを計測し、打者としても大学通算9本塁打の長打力と、50メートル走5秒8の俊足を武器にする。

 京都共栄学園時代から投手と外野手を兼務し、高校通算20本塁打を放つなど注目を浴びた。奈良学園大入学後は外野手に重点を置き、1年だった16年春季リーグからレギュラーを奪取。同年の全日本大学野球選手権4強入りに貢献している。

 2年秋からは本格的に二刀流を開始。18年6月の大学日本代表候補合宿でも紅白戦に登板した。大学での公式戦登板は8試合(全国大会を含む)で未勝利とまだ経験は少ない。だが、菅田本人の意向もあって、今春から8割は投手、残りの2割を野手としてプレーする方針。長身から投げ下ろす直球は伸びがあり、他球団からも評価されている。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000028-dal-base

 




【この記事への反応】

・特に左は欲しい。能見や岩田は年齢的にもう厳しいし岩貞もまだエースとは言え切れない。岩崎や島本は中継ぎの方が適性ありそうだし、高橋遥はケガがち…外国人や飯田が期待以上の働きをするかもしれないけど、もう2〜3人はいてもいいと思う。

・関西エリアで左腕なら、やはりしっかりチェックすべき

・こうやって関西エリアをチェックと言っておきながらいつも獲得するのは九州の選手ばかりなぜだろうか?

・阪神が興味を示すって時はだいたい獲得しない時だけ
マスコミ用のフェイクですよ

・他球団に取られる前に単独指名も検討?

・目指せ、和製ムーア。

・それより18年のドラフトで指名した選手を一人前に育ててくれよ・・・・・・・・






    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 21:42 id:ZqUruD.u0
    カンダなのかスダなのかスガタなのか
    2 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 22:02 id:jjXsG7KI0
    だれ?
    3 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 22:09 id:Y.cftUxZ0
    >>1、2
    スガタです
    4 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 23:09 id:NSg0biEp0
    コメ欄の1番下意味わからんな
    18年ドラフトを育てることと今年のドラフト見据えることは全然ちげえだろ
    5 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 23:56 id:TU5t9Tin0
    今から選手チェックするのは当たり前だもんね
    左腕は去年のドラフトで補強し損ねたから2人くらい指名しても良い
    6 名無しの猛虎魂さん 2019年01月22日 23:59 id:7OnJTk0X0
    蕭一傑の後輩か?
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット