20190123-00456147-nksports-000-5-view
阪神矢野燿大監督(50)が23日、西宮市内の鳴尾浜球場で合同コーチ会議に臨み、2月のキャンプでの競争を予告した。

1軍の沖縄・宜野座には新人はドラフト1位近本ら3人を同行させ、総勢43人のメンバーが選出された。

矢野監督は「自分をどんどんアピールしてもらえればうれしい。グラウンド上では『いい人』では困る。グラウンドに出た時には相手から嫌がられるような、同じユニホームを着ていてもライバルはたくさんいると思う。そのなかでどう勝っていってやろうという気持ちとか闘志とか、そういうものが出てくると楽しみ」と話した。

空位の定位置も多く、激しい競争になりそう。「いっぱいありますよ。ショート、セカンド、センター、先発投手も…。実績のある選手は出る可能性が高いと思いますけど、でもすべてのポジションで争いになってくると思う。その競争というのが僕はすごく楽しみ」と続けた。2月7日に紅白戦を行うことも新たに決定。昨季は17年ぶりの最下位に沈んだが、熱い火花を散らして、巻き返しを図る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00456147-nksports-base

 




【この記事への反応】

・どこのポジションも競争。つまり絶対的正スタメンと言える選手がいないという事。
決まってるのはライトの糸井くらい。今年こそはコロコロスタメン入れ替えないで済む打線を期待したいな。

・ポジション争いは結構なことだが、裏を返せばとっかえひっかえのやりくりにならざるを得ない危険性もある。金本さんもそれで叩かれまくっていたし、矢野監督にも同じことが起こりそうで怖い。

・今年こそは固定選手が色々出てきてほしい。特にセンターライン。

・ゆうてる監督が一番良い人そう…

・レギュラーが一人も居ない球団だからね。

・天才高山。不動のレギュラーになって首位打者を取ってください。3番高山、期待しています