20190126-00176179-baseballk-000-1-view
昨年は内野の要を固定できず……

 2月1日のキャンプインまであとわずか。各球団から一軍・二軍のキャンプメンバーの振り分けが続々と発表されている。そんななか、矢野燿大新監督となった阪神は43名を一軍メンバーとして発表。昨年は40名だったので、実質3名増えたことになる。

 このオフ、阪神は投手の補強を中心に行ってきた。エースのメッセンジャー頼みだった先発陣に、西勇輝(前オリックス)とオネルキ・ガルシア(前中日)が加わった。これによってリーグ屈指の3本柱が形成され、そこに秋山拓巳、岩貞祐太、藤浪晋太郎らが続く。さらには才木浩人、浜地真澄、小野泰己といった若手投手陣も控えており、ローテーション争いが激しくなることは想像に難しくない

 その先発投手陣と同様に激しい競争が巻き起こりそうなのが、内野の要でもある遊撃のポジションだ。阪神の遊撃手は長らく鳥谷敬が君臨していたが、近年は固定できていない状況にある。昨年も植田海(74試合)、北條史也(56試合)、糸原健斗(30試合)と3人が30試合以上(途中出場含む)に出場している。
鳥谷、北條、植田、木浪の争いに?

 そして、今年の遊撃手争いはさらに激しいものとなりそうだ。

 昨年末に鳥谷が「遊撃手で勝負したい」と矢野監督に直訴。また、ドラフトでは3位で社会人出身の即戦力候補・木浪聖也(ホンダ)を獲得している。糸原は二塁で起用されることが濃厚だが、植田や北條は今年も遊撃手で勝負となるだろう。キャンプからオープン戦にかけて、ベテランの鳥谷に若手の北條と植田、そしてルーキー・木浪の4人が争うことになる。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00176179-baseballk-base

 




【この記事への反応】

・正直怪我しなきゃ守備も打撃も北條が頭一つ抜けてるよ。

・鳥谷は好きだが、今後のことを考えたら他の選手に頑張ってほしいところ。

・遊撃手争いは難しいですね。
怪我さえなければやはり北條かな。
ルーキーの木浪がどれくらいやれるのか?が一番のポイント。

・まぁ、キャンプとオープン戦で競争でしょうね。段階を踏んで少しずつカットしていって、最終的には1番良かった選手にする。誰かと誰かがポジションを争う時はそういう形にした方が白黒がハッキリして良いと思う。

・個人的には北條推しだが、木浪にも期待してるし、鳥谷の復活も見てみたいし、植田や熊谷が打撃が改善すれば捨てがたいし・・・
うーん わからん!!

・守備力だけでなく打力も決め手になるね。

・ケガが無い限り、北條で決まりですが、
北條がケガで離脱した時は、上本をセガンドで、糸原をショートに回せば良い