20190129-00463475-nksports-000-5-view
ミスタータイガースの再来!? 阪神の新外国人ジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)が29日、兵庫県西宮市の球団事務所で入団会見に臨んだ。

背番号は掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブアドバイザー(SEA=63)の「31」を継承。首脳陣は一塁で起用する方向だが、三塁守備にも意欲。掛布氏以来となる背番号31の「4番サード」が甲子園に登場する可能性が出てきた。

マルテは誇らしげにユニホーム姿を披露した。大きな背中には31番が輝く。全国のファンから愛され、球史を彩ったミスタータイガースの代名詞。球団関係者からその特別な意味を聞いた4番候補は、言葉に感謝と敬意を込めた。

「すごく誇らしい気持ちでいっぱい。この番号にふさわしくなれるような選手になりたい。自分がその番号を付けてプレーして『マルテ選手が付けていた番号を付けたい』と言われるような選手になりたい」

首脳陣の基本構想は一塁での起用だ。しかし会見では意外な事実を口にした。守備について話題が及ぶと「もともと私は、三塁手として育ってきた」と明かした。マジメなマルテは複数ポジションの要求に応えられるように準備。2月1日から始まる沖縄・宜野座キャンプでは三塁手用のグラブもバッグに詰め込む。背番号31の虎戦士が甲子園で「4番サード」のアナウンスで登場すれば、掛布氏以来となる。

「二刀流」の後輩から、日本野球の講義も受けていた。昨年はエンゼルスで大谷とともにプレー。9月30日のシーズン最終戦では自らは4番に座り、3番大谷とクリーンアップを組んだ。年下ながら「しっかりとした動きのなかでバッティングができる」と大谷をリスペクトする。そして、力強いエールをもらっていた。「自分のやることをしっかりするだけだと思うよ。成功するように応援してる。(阪神は)ファンがいっぱいいる。とても熱狂的なファンがいる。競争がすごい素晴らしいチームだよ」。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00463475-nksports-base

 




【この記事への反応】

・過度な期待をし過ぎるのはやめよう。
一発が打てる打者も重要だが、ここ一番で打てるのであれば全然問題ない。とりあえず1年で日本野球に慣れてほしい。

・まだ若いのもセールスポイントだし、、
色々と楽しみだよね。

・掛布レベルの活躍とは言わなくても、良い成績を収めてくれればすごく嬉しい。

・マルテに僕は期待する。守備は悪くない。パワーもある。選球眼もいい。故に20本近くの2割8分とみた。ビデオより。

・去年のロサリオの件があるから阪神ファンの期待値が必要以上に低いところからのスタートはマルテにとってはプレッシャーが低くて助かるでしょうね

・31番にふさわしい若手が出てきた時に付けて欲しいって、掛布さん言ってたことに期待して楽しみやったのに、外国から取って来てどうすんねん。

・大谷の言葉はリップサービスもあるから何とも言えないが、とにかくオープン戦では相手は本気で投げて来ないので日本の野球を舐めないでね。油断は禁物です!

・背番号31の4番サードよりも大山の4番サードを期待したい。

・シーツが評価しているというのはエエことですね

・活躍してくれたら言う事なし。