20190130-00000010-sanspo-000-2-view
 阪神の1軍キャンプに参加する若手を中心とした先乗り合同自主トレが29日、沖縄・宜野座の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で始まった。左膝手術からの復活を目指す上本博紀内野手(32)は、2月7日に予定されている紅白戦(宜野座)への出場を志願した。

 戦えるから、先乗りしてまでここにきた。柔らかい宜野座の日差しよりもっと熱い虎の二遊間戦争。そのスタートラインとなる「2・7」に、けがからの復活を目指す上本が志願した。

 「(出るかどうかは)わからないですけど、自分としては出るつもりで沖縄にきている」

 昨春は「1番・二塁」で攻守でチームを引っ張ったが、5月5日の中日戦(甲子園)で左膝を負傷。前十字靭帯を損傷していることが判明し、6月に手術を受けた。FA権を行使せずに残留を選択し、リハビリを続けた結果、今月23日に春季キャンプ1軍スタートを勝ち取った。その場で矢野監督は初実戦となる紅白戦を、2月11日から7日に前倒しにしたことも明かしていた。

 離脱している間に、二塁には糸原が定着。定位置を奪い返すため「出るつもり」で若手中心の先乗り合同自主トレに参加した。新主将にもなった糸原はすでに早朝練習への参加も明言。鼻息荒いキャプテンに対し、上本も「基本的にはガンガンやっていく」と熱い思いを口にした。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000010-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・万全の状態の糸原を意識して無理しすぎないかが心配。去年上本、北條が離脱した後は選手層の薄さが際立った阪神。それを考えると上本がバックアップでいてくれるだけでも心強い。もちろん糸原とのポジション争いに上本が劣っているとは思わない。ただ現状のコンディションを考えると、上本には決して焦って欲しくない。それだけ。

・上本好きだし期待してるんだけど怪我でいつも離脱してしまう
今年こそ頑張ってほしい

・やっぱり足を使った野球を観たいから上本にはレギュラーとして試合に出てもらいたいけど
糸原もおるしな~
糸原が上本並みに走れればなー

・ケガさえなければという上本も、もう今年33歳。スピードのある内野手として勝負できる時間はそう長くないから、今年勝負賭けてるんだろうな。期待してるよ。

・ うえぽんの復活に期待しています。
頑張れ、うえぽん!

・上本には本当に期待しているけど、怪我が多すぎるのは元より、何気にポジションの融通が全く利かないのが足枷になっていると思う。
せめて外野が守れたら、まだ使いやすい選手だったと思う。
打撃も走塁もいいだけに、本当に色々と勿体ない選手。